Summary

  • ブンデスリーガ第18節、ハノーファー対マインツ
  • 武藤が先制ゴールを挙げるもハノーファーが逆転勝利
  • ハノーファーのフュルクルークがハットトリックを達成

ブンデスリーガ第18節の2日目が1月13日に行われ、武藤嘉紀所属のマインツが敵地でハノーファーに2ー3で敗れた。先発出場の武藤は26分に先制点を挙げたが勝利には結びつかなかった。

ハノーファー 3ー2 マインツ

前半戦大健闘を見せたハノーファーと残留争いの渦中にあるマインツの一戦。先にビッグチャンスを作ったのは後半戦の巻き返しを狙うアウェーのマインツだった。9分、相手のクリアボールに反応したホルトマンがペナルティーエリアの左から強烈なダイレクトボレー。しかし、このシュートはGKエッサーのファインセーブに阻まれる。

19分にはCKからハノーファーに決定機を作られるが、GKツェントナーがアントンの至近距離からのダイビングヘッドを好セーブ。逆に21分にはCKのセカンドボールを拾ったクアイソンが胸トラップからのボレーで惜しいシーンを作り出す。そして26分、ゴール前でホルトマンのパスを受けた武藤が、DFを巧みなキックフェイントでかわして先制ゴール。リーグ戦11試合ぶり、今季4点目が生まれた。

© gettyimages / Oliver Hardt

勢いに乗ったマインツは31分、右サイドで得たFKからファーサイドに走り込んだハックがヘディングで押し込んで追加点。5分間で2点のリードを奪うことに成功する。しかし、33分にCKからフュルクルークが決められて1点差に詰め寄られると、流れは一気にホームチームへ。35分のバカローツのミドルはツェントナーがかろうじて防いだが、37分に新加入のデヨンクがエリア内でクラウスを倒しPKを献上。フュルクルークにきっちりと決められ、わずか7分で試合は振り出しに戻った。

後半はハノーファーが主導権を握り、56分にはベブーのパスに抜け出したフュルクルークが決定機を迎える。このシーンはツェントナーのファインセーブでしのいだが、その後もハノーファーペースで試合が進む。流れが悪いマインツは63分に右サイドバックのドナティを投入して4バックに変更するが、目立った効果は見られず。75分にはまたしてもフュルクルークに決められてついに逆転を許す。

© gettyimages / Oliver Hardt

終盤はマインツも反撃に出たが、84分のドナティのミドルシュートは相手DFに当たって左ポストを直撃。武藤に代わって82分に投入された新戦力FWウジャーも、見せ場を作ることはできなかった。マインツはウィンターブレークを挟んで6戦未勝利。16位まで後退し、後半戦のスタートは厳しい船出となった。

【得点】
ハノーファー:フュルクルーク(33分、38分/PK、75分)
マインツ:武藤(26分)、ハック(31分)

【ラインナップ】
ハノーファー(3ー4ー2ー1)
エッサー;ゾーク、サネ、アントン;コープ(46分 フォッスム)、シュベークラー(62分 カラマン)、バカローツ、オスチョレク;クラウス、ベブー(90分 ヒュープナー):フュルクルーク

マインツ(3ー5ー2)
ツェントナー;ベル、グバミン、ハック;ブロジンスキ、マクシム(63分 ドナティ)、デヨンク(78分 ベルクグリーン)、デブラシス、ホルトマン;武藤(82分 ウジャー)、クアイソン