開始直後に失点し、2点のビハインドを負ったマインツだったが、試合終了間際に引き分けに持ち込んだ - © imago
開始直後に失点し、2点のビハインドを負ったマインツだったが、試合終了間際に引き分けに持ち込んだ - © imago
ブンデスリーガ

マインツが劇的アディショナルタイム弾で勝ち点1を獲得。武藤は5試合ぶり先発

ブンデスリーガ第17節の2日目が12月16日に行われ、武藤嘉紀が所属するマインツが敵地でブレーメンと2ー2で引き分けた。5試合ぶりに先発復帰の武藤はチャンスを作れず60分に交代した。 ブレーメン 2ー2 マインツ

直近4試合で3勝と復調を遂げたブレーメンが立ち上がりから好調ぶりを見せつける。開始2分、デラネイが中盤でボールを奪うと、それを拾ったバーグフレーデがドリブルで持ち上がってペナルティーエリア手前からミドルシュート。これがゴールネットに突き刺さりホームチームが先制する。

対するマインツは6分にエズトゥナリがクロスバー直撃のシュートを放ったものの、それ以降はブレーメンのペース。17分にはFKのチャンスからベルフォディルがGKの頭上を破る技ありのヘディングシュートを沈めて早々に2点のリードを奪った。

なおも攻撃の手を緩めないブレーメンは、21分に流れるようなカウンターからカインツが決定的なシュート。26分にはアウグスティンソンのクロスのこぼれ球をエゲシュタインが狙う。このチャンスはいずれもGKツェントナーのセーブに阻まれたが、小気味のいい攻撃に開幕11戦未勝利の頃の面影はなかった。

- © gettyimages / 31776972
- © gettyimages / Stuart Franklin/Bongarts