Summary

  • ブンデスリーガ第14節、ブレーメン対シュトゥットガルト
  • クルーゼの決勝点でブレーメンがシーズン2勝目
  • シュトゥットガルト浅野は先発出場も57分に交代

ブンデスリーガ第14節の2日目が12月2日に行われ、浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトが敵地でブレーメンに0ー1で敗れた。先発出場の浅野は57分までプレーした。

ブレーメン 1ー0 シュトゥットガルト

前節、待望のブンデスリーガ初ゴールを記録した浅野は開始2分、ベックの折り返しに頭で合わせてこの試合のファーストシュートを放つ。対するブレーメンも8分、ユヌゾビッチのクロスに合わせてバーテルスがヘディングシュートを放つが、これは枠を捉えることができなかった。

その後しばらくは一進一退の攻防が続いたが、29分にシュトゥットガルトにビッグチャンスが訪れる。ブレーメンのGKパブレンカのパスミスをカットした浅野がそのままエリア内に進入。しかし、ぎりぎりで戻ったDFに体を寄せられてしっかりとシュートを打つことができなかった。

対するブレーメンは前半終了間際の45分、バーテルスのスルーパスに抜け出したクルーゼが冷静にゴールネットを揺らして先制に成功する。

© gettyimages / Stuart Franklin

リードを奪って勢いに乗るブレーメンは49分、アウグスティンソンの早いリスタートから右サイドでフリーのバーテルスが中央にクロス。ゴール前でボールを受けたエゲシュタインが振り向きざまに際どいシュートを放つ。

52分にはバーテルスのシュートが相手のオウンゴールを誘うが、ビデオ判定の結果、バーテルスのポジションがオフサイドだったとしてゴールは取り消し。命拾いしたシュトゥットガルトは64分、エツチャンのパスカットからブレカロが決定的な場面を迎えるが、シュートはパブレンカがストップ。68分のゲントナーの強烈なミドルシュートもわずかにゴール左へ外れた。

なおもシュトゥットガルトが攻め立てるが、84分のバートシュトゥーバーの強烈なシュートはパブレンカがファインセーブ。88分には立て続けにアコロ、バートシュトゥーバーがチャンスを迎えるが、これも決め切ることができない。アディショナルタイムに訪れたドニスのチャンスも決まらず、このままタイムアップ。シュトゥットガルトは最後までゴールが遠かった。

【得点】
ブレーメン:クルーゼ(45分)

【ラインナップ】
ブレーメン(4ー3ー2ー1)
パブレンカ;ゲーブレセーラシ、ベリコビッチ、モイサンデル、アウグスティンソン;M・エゲシュタイン(89分 ゴンドーフ)、バーグフレーデ(74分 サネ)、デラネイ;バーテルス(85分 カインツ)、ユヌゾビッチ;クルーゼ

シュトゥットガルト(3ー4ー2ー1)
ツィーラー;パバール、バートシュトゥーバー、バウムガートル;ベック、アスカシバル、ゲントナー、インスア(61分 テロッデ);ブレカロ、エツチャン(70分 アコロ);浅野(57分 ドニス)