Summary

  • ブンデスリーガ第14節シャルケ対ケルン
  • ケルンが好調シャルケに2度追いつくも、今季初勝利はならず
  • 先発の大迫はイエローカード2枚で退場

ブンデスリーガ第14節が12月2日に行われ、大迫勇也の所属するケルンは敵地でシャルケにに2ー2で引き分け、連敗を4で止めた。先発した大迫は後半アディショナルタイムにこの試合で2枚目の警告を受け、ブンデスリーガで初の退場。次節フライブルク戦は出場停止となる。

シャルケ 2ー2 ケルン

前節のドルトムントとのルールダービー同点劇で勢いに乗るシャルケは、今季いまだ白星のないケルンをホームに迎え、主導権を握った。

7分、アリがドリブルでケルンDF陣を翻弄し、最後はFWブルクスタラーが至近距離からシュートを打ったが、これはゴール枠に嫌われた。

シャルケの一方的な展開になるかと思われたが、11分にヨイッチがシャルケ陣内でボールを保持すると、オフサイドラインを気にしながら動き直した大迫へパスがつながる。大迫はGKフェアマンと1対1になったが、シュートはジャストミートせず。フェアマンが正面でキャッチした。

ボールを支配するシャルケは37分、マイヤーがふわっと浮かせたラストパスを送ると、オフサイドラインぎりぎりの位置で受けたカリジュリがシュート。これはケルンGKホーンに処理されたが、サポートに来たブルグステラーがボールをゴールへ流し込み、シャルケが先制した。

© imago

後半開始からケルンは3バックから5バックへ変更した。50分、大迫が左サイドで倒されてFKを獲得。ヨイッチの蹴ったボールはエッチャンに当たってこぼれると、これをギラシが押し込んでケルンが同点に追いつく。

猛攻を仕掛けるシャルケは75分、エンボロの絶妙な縦パスをブルクスタラーが折り返し、ケルンDFの背後でこれを受けたアリが粘り強くシュートまで持ち込み、勝ち越しに成功。

ところがその3分後、ギラシのシュートをスタンブリがハンドでブロックしたことがビデオ判定で確認され、ケルンがPKを獲得。これをギラシが冷静に決め、2ー2とした。

アディショナルタイム、大迫がドリブルでペナルティーエリアに侵入すると、スタンブリと接触して倒れるが、主審はこれを大迫のシミュレーションと判断。大迫はこの日2枚目のイエローカードを受け、退場した。

試合はこのまま2ー2で終了し、ケルンの連敗を4でストップ。しかし、いまだ初勝利は遠く、長いトンネルから抜け出すことができない。

© gettyimages / Christof Koepsel

得点
シャルケ:ブルクスタラー(36分)、アリ(72分)
ケルン:ギラシ(50分、77分PK)

ラインナップ
シャルケ(3ー4ー3)
フェアマン;スタンブリ、ナルド、ナスタシッチ(82分シェプフ);カリジュリ、マッケーニー(56分ゴレツカ)、マイヤー、オチプカ;アリ、ブルクスタラー、コノプリャンカ(70分エンボロ)

ケルン(3ー5ー2)
T・ホーン;ソーレンセン、メレ(46分ビセク)、J・ホーン;オルコフスキ、レーマン、ヨイッチ(72分クレメンス)、エツチャン、ラウシュ、;大迫(90分+3退場)、ギラシ(82分ハントウェアカー)