Summary

  • ブンデスリーガ第12節、ブレーメン対ハノーファー
  • ブレーメンが4得点のゴールラッシュで今季初勝利
  • クルーゼがハットトリックを達成

ブンデスリーガ第12節のブレーメンハノーファー11月19日に行われ、ホームのブレーメンが大量4得点のゴールラッシュで今季初勝利を挙げた。

ブレーメン 4ー0 ハノーファー

試合はキックオフ直後から中盤の主導権争いが続くが、39分にクルーゼのパスを受けたバーテルスが柔らかいタッチのシュートでGKエッサーの頭上を破り、ブレーメンが先制に成功する。

後半に入ると前がかりになるハノーファーをブレーメンがカウンターで攻め立て、クルーゼが55分、59分と立て続けにゴール。クルーゼは78分にも得点を決めてハットトリックを達成した。

念願の今季初勝利を挙げたブレーメンは16位に浮上。敗れたハノーファーは8位まで後退した。

© imago / Nordphoto

【得点】
ブレーメン:バーテルス(39分)、クルーゼ(55分、59分、78分)

【ラインナップ】
ブレーメン(4ー3ー2ー1)
パブレンカ;ゲーブレセーラシ、ベリコビッチ、モイサンデル、アウグスティンソン;エゲシュタイン、バーグフレーデ(71分 ゴンドーフ)、デラネイ;バーテルス、ユヌゾビッチ;クルーゼ(88分 カインツ)

ハノーファー(4ー4ー2)
エッサー;ゾーク、ヒュープナー、サネ、アルボルノス;クラウス、シュベークラー、バカローツ、マイヤー(58分 ベブー);ハーニク(74分 シュミーデバッハ)、ジョナタス(74分 フュルクルーク)