Summary

  • ブンデスリーガ第12節最終日、シャルケ対ハンブルク
  • ハンブルク酒井&伊藤は先発するも途中交代
  • シャルケが2位へ浮上

ブンデスリーガ第12節最終日が11月19日に行われ、酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは敵地でシャルケに0ー2で敗れた。ともに先発した伊藤は35分、酒井は69分にベンチへ下がっている。

シャルケ 2ー0 ハンブルガーSV

この試合最初のチャンスは4分のシャルケだった。左サイド高い位置からコノプリャンカがセンタリングを入れると、マッケニーが打点の高いヘディングで合わせるが、ボールは左ポストをかすめるように外れた。

さらに12分、オチプカの蹴った左CKを今度はナルドが頭で合わせるも、GKの正面に飛んでしまう。

すると16分、ペナルティーエリア左でボールを持ったコノプリャンカが、ドリブルでカットイン。ユングがたまらずコノプリャンカを倒してしまい、ハートマン主審はシャルケにPKを与える。そして17分にこのPKをディサントが冷静に左下へ決め、シャルケが順当に先制点を奪った。

© imago / siwe

しかしハンブルクも23分、左からサントスがクロスを放り込むと、ゴール前でこぼれ球を拾ったアープが、3人に囲まれながらもこれをかわしてシュート。だがボールは枠を捉えきれず、ポストの左へ流れる。

後半に入ると48分、ハンブルクが左サイドを崩し、グラウンダーのセンタリング。ファーサイドに走り込んだディークマイヤーが右足で合わせるも、ボールはDFに当たりCKになってしまう。

続く57分には、左サイドへスルーパスを送ると、抜け出したアープがペナルティーエリア左でナルドをかわしてグラウンダーパス。中央に入ってきたハントが狙いすましてシュートを放つも、このビッグチャンスは左ポストを直撃してしまう。

© gettyimages / Lars Baron/Bongarts/Getty Images

さらに69分にはボランチで主将の酒井をベンチへ下げ、FWウッドを投入。攻撃の姿勢を強めたハンブルクだったが、しかし72分、シャルケが右サイドを攻略しカリジュリがマイナス方向へ折り返すと、コノプリャンカがファーサイドへ流し、最後はブルグスタラーが追加点。シャルケがリードを2点に広げた。

このまま試合は終了し、ライプツィヒを得失点差1で上回り、勝ち点23としたシャルケが今季最高の2位に躍り出た。一方、第9節まで首位を走っていた香川真司のドルトムントは、これで5位に転落。宿敵より上に立ったシャルケは次節11月25日、ドルトムントに乗り込み“ルールダービー”に挑む。

© gettyimages / Patrik Stollarz

【得点】

シャルケ:ディサント(17分)、ブルクスタラー(77分)

【ラインナップ】

シャルケ(3ー5ー2)
フェアマン;スタンブリ、ナルド、ケーラー;カリジュリ、マッケニー、マイヤー(90+2分 ナスタシッチ)、コノプリャンカ(87分 シェプフ)、オチプカ;ディサント(46分 エンボロ)、ブルクスタラー

ハンブルガーSV(4ー2ー3ー1)
マテニア;ディークマイヤー、パパドプロス、マブライ、サントス;ユング、酒井(69分 ウッド); 伊藤(35分 ワルトシュミット)、ハント、コスティッチ(83分 ハーン):アープ

© gettyimages / Patrik Stollarz