Summary

  • ブンデスリーガ第11節、ドルトムント対バイエルン
  • ロッベン、レバンドフスキ、アラバのゴールでバイエルンが快勝
  • ドルトムントの香川は68分までプレー

ブンデスリーガ第11節の2日目が11月4日に行われ、香川真司が所属するドルトムントがホームでバイエルン・ミュンヘンに1ー3で敗れた。先発出場の香川は68分までプレーした。

ドルトムント 1ー3 バイエルン・ミュンヘン

2位ドルトムントと首位バイエルンによる首位攻防戦、この大一番で戦術的な変更を施してきたのはホームのドルトムントだった。ボス監督はこれまで一貫して採用してきた4ー3ー3ではなく、香川をオバメヤンに近くに配置した4ー4ー1ー1、あるいは4ー4ー2に近い布陣を採用。2人が前線から積極的にプレスをかけることで守備からリズムを作っていく。

12分には高い位置まで押し上げていたソクラティスの縦パスから裏に抜け出したオバメヤンがシュートに持ち込むが、これはズューレが間一髪で戻ってシュートブロック。すると、最初の決定機を生かせなかったドルトムントを尻目にバイエルンが決定力の高さを見せつける。

17分、左サイドでボールを持ったティアゴが逆サイドへ正確なサイドチェンジを供給。ファーサイドのハメスがワントラップして丁寧にボールを落とすと、最後は中央のロッベンがダイレクトで左足を一閃、鮮やかにゴールネットを揺らしてバイエルンが先制する。

© gettyimages / Stuart Franklin/Bongarts

ドルトムントも22分、オバメヤンが敵陣でボールを収めて左サイドのプリシッチに展開。折り返しにオバメヤンと香川が飛び込むが、GKウルライヒのパンチングに阻まれる。30分には香川のボール奪取からカストロを経由してヤルモレンコがGKとの1対1を迎えるが、これもウルライヒのファインセーブに阻まれた。

なおも攻撃を仕掛けるドルトムントは32分、プリシッチが華麗なターンから長い距離をドリブルで持ち上がり、香川にラストパスを供給。香川はアラバに1対1を挑んでシュートまで持ち込むが、ボールはポストかすめてゴール右に外れた。

チャンスを生かせないドルトムントに対し、37分にまたしてもバイエルンが決定力の違いを見せつける。右サイドをオーバーラップしたキミッヒのクロスにレバンドフスキがバックヒールで合わせて追加点。ドルトムントとしては、直前に足を痛めたソクラティスがピッチの外で治療していた隙を突かれる格好となった。

© imago / Eibner

ソクラティスは一度はピッチに戻ったものの、プレー続行不可能となり42分に無念の交代。右サイドバックを務めていたバルトラを中央に移し、右サイドにはトーリヤンが入った。

ドルトムントは44分にもオバメヤン、香川、カストロとつないで、ヤルモレンコがビッグチャンスを迎えるが、またしてもウルライヒが立ち塞がりゴールを割ることができない。後半立ち上がりの49分には、左サイド深くえぐったプリシッチの折り返しにヤルモレンコが合わせるが、これもゴール手前でアラバにクリアされた。

その後も一進一退の攻防が続いたが、ゴールネットを揺らしたのはまたしてもバイエルンだった。67分、アラバが左サイドから鋭いクロスを供給。ニアに走り込んだレバンドフスキはボールに触ることができなかったが、ボールはそのままファーサイドのネットを揺らし、勝負を決定づける3点目が生まれた。

© gettyimages / Peter Lous/Soccrates/

ドルトムントは3点差になった後もゲームを捨てずに攻め続けたが、75分のオバメヤンの決定機は三たびウルライヒがファインセーブ。88分にバルトラが豪快なシュートを叩き込んでようやくウルライヒの牙城を破ったが、さらに反撃する時間は残されていなかった。

敵地でデア・クラシカーを制したバイエルンはハインケス監督の就任以来、無傷の4連勝でがっちり首位をキープ。一方、4戦未勝利となったドルトムントはライプツィヒに抜かれて3位に転落した。香川はいつもと違った役割を全うしながらチャンスも生み出したが、ゴールに絡むことはできず68分にゲッツェとの交代でベンチに退いた。

© gettyimages / Alex Grimm

【得点】
バイエルン・ミュンヘン:ロッベン(17分)、レバンドフスキ(37分)、アラバ(67分)
ドルトムント:バルトラ(88分)

【ラインナップ】
ドルトムント(4ー4ー1ー1)
ビュルキ;バルトラ、ソクラティス(42分 トーリヤン)、トプラク、シュメルツァー;ヤルモレンコ(80分 サンチョ)、ワイグル、カストロ、プリシッチ;香川(68分 ゲッツェ);オバメヤン

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ウルライヒ;キミッヒ、ズューレ、フメルス、アラバ(74分 ラフィーニャ);ハビ・マルティネス(81分 ルディ)、ティアゴ;ロッベン、ハメス(84分 ビダル)、コマン;レバンドフスキ