Summary

  • ブンデスリーガ第10節、レーバークーゼン対ケルン
  • ラインダービーはケルンがリードを守り切れず、逆転負け
  • ケルンは早くも今季リーグ戦8敗目

ブンデスリーガ第10節が10月28日に行われ、大迫勇也が所属するケルンは敵地でレーバークーゼンに1ー2で逆転負けし、今季リーグ戦10試合未勝利となった。先発した大迫は64分にベンチに下がった。

レーバークーゼン 2ー1 ケルン

ラインダービーは両者譲らない立ち上がりだった。レーバークーゼンがやや優勢にボールを保持したが、ケルンの守備陣はバランスを保ち、早い出足で何度もボールを奪った。

3分、ケルンが最初のチャンスを迎える。右サイドで大迫がラストパスを呼び込んだが、惜しくもGKレノに阻まれた。8分にはホームのレーバークーゼンに好機が訪れる。右サイドのベイリーからのクロスをブラントがシュート。このこぼれ球をフォラントがボレーで狙ったが、シュートは枠を越えた。

23分、ケルンが右サイドに展開すると、大迫が狙い澄ましてクロスを入れたが、相手に当たってスローインとなる。ここからケルンの先制点が生まれる。ソーレンセンのロングスローをゴール前で受けたギラシが、柔らかいタッチでボールを納めると、DFターを背にして反転しながら先制ゴールを決めた。

© imago / mika

ケルンの先制後、右MFでプレーしていた大迫は2トップの1角にポジションを移した。32分、レーバークーゼンがアランギスのサイドチェンジから左サイドを崩して絶好機を迎えたが、最後はケルンDFハインツが体を投げ出してゴールを阻止。前半のアディショナルタイムにはケルンのツォラーがCKのこぼれを遠目から狙ったが、惜しくも追加点はならず。ケルンの1点リードで前半が終了した。

前半終了の直前にCBマローが負傷し、ケルンは後半開始からDFラインの変更を余儀なくされる。そして53分、そのDFラインが崩されてしまう。レーバークーゼンのベイリーがゴール正面へ斜めに走りこみ、フォラントから絶妙のタイミングでラストパスを受けると、GKホーンとの1対1を制して左足で流し込んだ。

© gettyimages / Maja Hitij

これで試合の流れはレーバークーゼンに傾く。ケルンは守護神ホーンの好セーブにより、65分と67分のピンチは逃れたが、73分にCKからS・ベンダーに勝ち越点しを許してしまった。85分にも速攻からゴールを決められたが、ビデオ判定の結果、ハンドが認められ、この3点目は取り消された。

終盤はロングボールで押し込んだケルンだったが、レーバークーゼンが危なげのない守備で寄せ付けず、このまま試合終了。ケルンはまたも今季リーグ戦の初勝利を逃した。

【得点】
レーバークーゼン: ベイリー(53分)、S・ベンダー(73分)
ケルン:ギラシ(23分)

【ラインナップ】

レーバークーゼン(4ー2ー3ー1)
レノ;レトソス(46分ヘリンクス)、ター、S・ベンダー、ウェンデル;、バウムガートリンガー、アランギス;ベイリー(89分コア)、ハフェルツ(46分アラリオ)、ブラント; フォラント

ケルン(4ー4ー2)
T・ホーン;ソーレンセン、マロー(46分クリュンター)、ハインツ、J・ホーン;大迫(64分ハントウェアカー)、レーマン(77分ヨイッチ)、エツチャン、ビッテンクールト; ツォラー、ギラシ