Summary

  • ブンデスリーガ第10節2日目、ハノーファー対ドルトムント
  • ドルトムントが今季リーグ2敗目
  • 香川は後半開始から途中出場

ブンデスリーガ第10節2日目が10月28日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地でハノーファーに2ー4で敗れた。香川は後半開始から出場した。

ハノーファー 4ー2 ドルトムント

試合は立ち上がりから互角の展開となるも、最初にチャンスを迎えたのは16分のハノーファーだった。左サイドへのスルーパスに抜け出したベボウがバルトラとヤルモレンコ、さらにソクラティスをドリブルで抜き去り、ペナルティーエリア左から中へグラウンダーパスを送る。しかし味方のシュートはミートせず、ネットを揺らすことはできなかった。

すると19分、カウンターからベボウが右へ展開し、オーバーラップしたコープがダイレクトで中にボールを送ると、ゴール前でクラウスがビュルキに倒され、ハノーファーにPKが与えられる。そして20分、ジョナタスがこれを冷静にゴール左下へ沈め、ハノーファーが先制点を奪った。

ところがドルトムントも27分、右CKからシャヒンが合わせ、バカローツがクリアを試みるもこれが短く、引いた位置で待っていたザガドゥが左足でゴール。ドルトムントが同点に追いつく。

© gettyimages

36分、サネがもたつく間にプリシッチに寄せられ、苦し紛れに出したパスをカットされる。プリシッチがそのまま縦に運び、中央にセンタリングを入れると、フリーのヤルモレンコが無人のゴールに押し込むだけとなったが、まさかのシュートミス。ボールは枠のはるか上に飛んでいき、ドルトムントは逆転のチャンスを逃してしまう。

そして40分、ハノーファーは中央のクラウスが素早く縦に持ち上がり、右のスペースへパスを送ると、走り込んだジョナタスがゴール前へクロス。最後はベボウがきっちりと枠に決め、精度の高いカウンター攻撃で再びリードを奪う。

© gettyimages

後半開始7分後、左からシュメルツァーがセンタリングを入れると、いったんはサネにクリアされるも、ペナルティーエリア右のヤルモレンコがダイレクトで狙う。難しい体勢からのシュートだったが、見事にニアサイドに決まり、ドルトムントが同点に追いついた。

さらに試合が動いたのは59分、バカローツがドルトムント最終ラインの裏へスルーパスを通すと、ジョナタスが抜け出す。するとザガドゥがジョナタスを倒してしまい、主審はザガドゥにレッドカードを提示。残り約30分間をドルトムントは10人で戦うことになった。

ドルトムントにとっての悪夢はこの1分後、これで与えてしまったFKをクラウスに直接決められ、ハノーファーに3度目の勝ち越し点を許してしまう。

ドルトムントは終盤前へ出ていく姿勢を見せるも、1人少ないことも響き、厚みのある攻撃を仕掛けられず。86分にはハノーファーがカウンターから最後はベボウがバルトラを交わし、ダメ押しの4点目。ドルトムントは直近の公式戦5試合で1勝2分2敗と、不調に陥っている。

© imago

【得点】
ハノーファー:ジョナタス (20分)、ベボウ(40分、86分)、クラウス(60分)
ドルトムント:ザガドゥ(27分)、ヤルモレンコ(52分)

【ラインナップ】
ハノーファー(3ー4ー3)
チャウナー; ゾーク、サネ、アントン;コープ、シュベークラー、バカローツ、オスレチョク;ベボウ(90分マイヤー)、クラウス(75分ハーニク)、ジョナタス(80分フュルクルーク)

ドルトムント(4ー3ー3)
ビュルキ;バルトラ、ソクラティス、ザガドゥ(59分退場)、シュメルツァー;ゲッツェ、シャヒン(66分ゲレイロ)、カストロ(46分香川);ヤルモレンコ(74分シュアレ)、オバメヤン、プリシッチ