Summary

  • ブンデスリーガ最終節、ホッフェンハイム対ドルトムント
  • ドルトムント最終戦を勝利で飾れず、それでも4位でCL出場決定
  • 香川は12試合ぶりに出場を果たす

ブンデスリーガ最終節が5月12日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地でホッフェンハイムに1ー3で敗れた。香川は75分から投入され、12試合ぶりに出場した。

ホッフェンハイム 3ー1 ドルトムント

両チーム最初のチャンスは5分、ツバーがやや右の位置でキープし、逆サイドへ展開。そしてシュルツ、クラマリッチとつなぎ、ペナルティーエリア左からのセンタリングにソロイが頭で合わせるが、ボールに勢いがなくGKビュルキにキャッチされる。

ドルトムントも15分、中盤でのインターセプトから素早く縦に運び、最後はゲレイロが強烈なミドルシュート。しかしホッフェンハイム守護神のファインセーブに阻まれた。

さらに18分にも、再びゲレイロが今度はゴール至近距離でフリーとなり左足を振り抜くも、これもブロックされ先制点のチャンスを逃す。

すると26分、味方のバックパスを受けたビュルキがトラップミス。ウトに寄せられ中途半端なクリアをしたところをクラマリッチに拾われ、あっさりと先制ゴールを与えてしまった。

© gettyimages

後半立ち上がりの53分、カデラベクがゲレイロからボールを奪い、右サイドを縦に疾走。中への折り返しから最後はツバーがシュートを放つが、ドルトムント守備陣にクリアされる。

さらに55分、シュルツがペナルティーエリア左でフリーとなり果敢に狙ったが、またしてもDFにブロックされ追加点を奪うことはできない。

しかし58分、ロイスのスルーパスでゲレイロが左を抜けると、DFに囲まれながら巧みにリターンパス。これをゴール左で受けたロイスがGKバウマンとの1対1を冷静に決め、ドルトムントが同点に追いつく。

© imago

だがホッフェンハイムも粘りを見せる。63分、ウトが縦パスを入れると、これを受けたクラマリッチが右へ叩き、ゴール前に抜け出したソロイがチップキック。これがビュルキの上を越えネットに収まり、ホッフェンハイムが再びリードを奪った。

さらに73分、左サイド高い位置でのFKがそのままゴール方向へ向かい、アカンジが必至のクリア。浮いたボールをビチャクチッチとビュルキが競り合い、跳ね返りをカデラベクが決め、ホッフェンハイムのリードは2点に広がった。

このまま3ー1で勝利したホッフェンハイムが3位、ドルトムントは後退して4位でシーズンをフィニッシュ。両者とも来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にした。

© imago

【得点】

ホッフェンハイム:クラマリッチ(26分)、ソロイ(63分)、カデラベク(73分)
ドルトムント:ロイス(58分)

【ラインナップ】

ホッフェンハイム(3ー5ー2)
バウマン;アポグマ、フォークト、ビチャクチッチ;カデラベク、ツバー(64分 アミリ)、グリリッチュ、クラマリッチ(80分 ポランスキ)、シュルツ;ソロイ、ウト(87分 ハック)

ドルトムント(3ー4ー2ー1)
ビュルキ(バイデンフェーラー 90分+4);ピシュチェク、アカンジ、シュメルツァー;プリシッチ、ワイグル、シャヒン、ゲレイロ;ロイス、サンチョ;シュアレ(75分 香川)