ブンデスリーガと同2部で100試合以上に出場したマテニアは来季からニュルンベルクに所属する - © imago / MIS
ブンデスリーガと同2部で100試合以上に出場したマテニアは来季からニュルンベルクに所属する - © imago / MIS
ブンデスリーガ

昇格のニュルンベルク、ハンブルクからマテニア獲得

ブンデスリーガへの昇格を決めたニュルンベルクは5月26日、酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVからGKクリスティアン・マテニアを獲得したと発表した。

これに際し、ニュルンベルクでスポーツ担当取締役を務めるアンドレアス・ボアネマン氏は「補強が成功してうれしいです。彼の年齢とキャリアは、今の我々に完全に合致しています。まだ今後の成長も見込まれる一方で、すでに多くの経験を積んできた選手です」と、喜びを語った。またマテニアも「わくわくするような任務が始まることを、心待ちにしています。チームが安定したシーズンを過ごし、目標に到達できるよう、全力を出していきたいです」とコメントしている。

マインツ下部組織出身のマテニアは、これまでハンブルクとダルムシュタットでブンデスリーガ71試合、同2部34試合に出場した。