ブンデスリーガ

ブンデスリーガ得点王争いが早くも過熱!

2017/18シーズンのブンデスリーガは今週末、第7節へ突入し、シーズンの5分の1以上を消化することになる。そんな中、香川真司が所属するドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンと、バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキは、揃ってゴールを量産。リーグを代表するストライカーとして、今季も2人は圧倒的な存在感を見せている。やや気が早いかもしれないが、今回は2017/18シーズンの得点王争いにスポットライトを当て、その候補者たちを紹介していく。 ※ゴール数、データは第6節終了時のもの

【大本命】

ピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント、8ゴール)

ブンデスリーガに移籍後、第6節終了時までに8得点をマークしたことはなく、現在得点ランキング首位。また総シュート数は27本で、こちらも全選手最多となっている。第6節メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦では、今季初のハットトリックをマークした。

ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン、7ゴール)

1得点を取るまでに必要なシュート数は3本に満たず、昨季よりも効率良くゴールを決めている。今季は現在リーグトップとなる3度の先制ゴールもマークしており、西暦2017年で見ればブンデスリーガ25試合で23得点と、オバメヤンを2ゴール上回り、最も得点を決めている選手でもある。

- © gettyimages / Simon Hofmann / Matthias Hangst
- © gettyimages
- © imago