ブンデスリーガの新旧・早熟タレントを総ざらい - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガの新旧・早熟タレントを総ざらい - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ブンデスリーガ年少出場トップ10

第13節のケルン対ヘルタ・ベルリンでケルンのヤン・ビセクがブンデスリーガ史上2番目に若い16歳と362日でデビューを飾った。ブンデスリーガの年少出場者トップ10を紹介する。

1位:ヌリ・シャヒン(ドルトムント)16歳335日

2005/06シーズンの開幕戦、シャヒンは17歳の誕生日前にブンデスリーガデビューを飾った史上初の選手となった。2010/11シーズンにはチームに9年ぶりのリーグタイトルをもたらし、翌シーズンにレアル・マドリードへ移籍。国外ではケガに悩まされて出場機会に恵まれなかったが、リバプールを経た翌2012/13シーズン後半にドルトムント復帰を果たした。その後はそけい部と膝の負傷に苦しみながらも、ここまで260試合以上に出場。なお、シャヒンはブンデスリーガの最年少ゴール記録も保持している。

- © imago
- © imago / Kicker/Liedel
- © imago / Uwe Kraft
- © imago