2017/18シーズンのブンデスリーガ前半戦で最も多くセンタリングを記録したのは? - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
2017/18シーズンのブンデスリーガ前半戦で最も多くセンタリングを記録したのは? - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ブンデスリーガ前半戦、センタリング数トップ5

2017/18シーズンのブンデスリーガは現在ウィンターブレーク中。リーグ再開の1月12日まで前半戦の様々な数字をランキング形式で紹介する。第5回は「センタリング数」のトップ5をまとめた。 ※「シュートセーブ数トップ5」はこちら ※「対人勝率トップ5」はこちら ※「快速トップ5」はこちら ※「シュート数トップ5」はこちら

5位:ルートビヒ・アウグスティンソン(ブレーメン)49本

今季開幕前にFCコペンハーゲン(デンマーク)から加入したスウェーデン代表。左サイドのレギュラーポジションを掴み取り16試合に出場。センタリング49本のうち7本が味方のシュートにつながった。また1試合あたりのスプリント数は平均27本と、激しい上下動を繰り返し攻守にわたってチームに貢献している。

- © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos
- © gettyimages / Martin Rose/Bongarts
- © imago / kolbert-press
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Sebastian Widmann
- © imago