Summary

  • ブンデスリーガ・ワールドツアーでバイエルンが中国滞在
  • 遠征初戦、アーセナル戦はPK戦の末に敗れる
  • 新加入トリッソとハメスが先発出場

バイエルン・ミュンヘンは7月19日、ブンデスリーガ・ワールドツアーで滞在中の上海(中国)で、アーセナル(イングランド)とテストマッチを行い、PK戦の末、黒星を喫した。

立ち上がりの9分、フアン・ベルナートが倒されて獲得したPKを、ロベルト・レバンドフスキがきっちりと決め、バイエルンが幸先良く先制する。しかし、試合終了間際の後半ロスタイム4分、カウンター攻撃からアレックス・イウォビに同点弾を許してしまい、1ー1で90分間の戦いを終了。試合規定により、延長戦はなくそのままPK戦となったが、バイエルンはダビド・アラバ、レナト・サンチェス、ベルナートらが失敗し、2ー3で敗れてしまった。

© gettyimages / Alexander Hassenstein/Bongarts

【得点】

バイエルン・ミュンヘン:レバンドフスキ(9分)
アーセナル:イウォビ(90+4分)

【PK戦】

バイエルン・ミュンヘン:アラバ(×)、フメルス(○)、コマン(○)、サンチェス(×)、ベルナート(×)
アーセナル:ラムジー(○)、エルネニー(×)、モンレアル(○)、イウォビ(○)

【ラインナップ】

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
シュターケ(46分 フリュヒトル);ラフィーニャ(75分 ゲッツェ)、フメルス、アラバ、ベルナート;マルティネス(46分 サンチェス)、トリッソ(75分 ドアシュ);ハメス(65分 パントビッチ)、ミュラー(46分 コマン)、リベリ(75分 フリードル);レバンドフスキ(65分 ウィンツハイマー)

アーセナル(3ー4ー2ー1)
チェフ(71分 マルティネス);ビエリク(46分 ブラモール)、エルネニー、モンレアル;メイトランドナイルズ、コクラン(46分 ウィロック)、チャカ(62分 ラムジー)、コラジナッチ(43分 ネルソン);エジル(46分 イウォビ)、ウェルベック(74分 エンケティア);ラカゼット(46分 ウォルコット)