立ち上がりの9分に先制したバイエルンだったが終了間際にアーセナルの同点弾を許し、PK戦の末敗れた - © gettyimages
立ち上がりの9分に先制したバイエルンだったが終了間際にアーセナルの同点弾を許し、PK戦の末敗れた - © gettyimages
ブンデスリーガ

バイエルン、中国遠征初戦は黒星

バイエルン・ミュンヘンは7月19日、ブンデスリーガ・ワールドツアーで滞在中の上海(中国)で、アーセナル(イングランド)とテストマッチを行い、PK戦の末、黒星を喫した。

立ち上がりの9分、フアン・ベルナートが倒されて獲得したPKを、ロベルト・レバンドフスキがきっちりと決め、バイエルンが幸先良く先制する。しかし、試合終了間際の後半ロスタイム4分、カウンター攻撃からアレックス・イウォビに同点弾を許してしまい、1ー1で90分間の戦いを終了。試合規定により、延長戦はなくそのままPK戦となったが、バイエルンはダビド・アラバ、レナト・サンチェス、ベルナートらが失敗し、2ー3で敗れてしまった。

- © gettyimages / Alexander Hassenstein/Bongarts