Summary

  • ブンデスリーガ・レジェンドツアー IN JAPAN
  • 奥寺康彦氏が記者会見&イベントに登場
  • 「ブンデスリーガの魅力を伝えていきたい」

先月30日に『ブンデスリーガ・レジェンド』の仲間入りを果たした奥寺康彦氏が11月6日に都内で記者会見を行った。奥寺氏は日本人として初めてブンデスリーガでプレーし、1977/78シーズンにリーグ優勝を経験。9年間でブンデスリーガ通算234試合に出場、26得点記録している。

奥寺氏は今回のレジェンド選出について「選ばれたことを光栄に思う」と語り、今後もリーグの魅力を伝えるために様々な活動を行っていくことを約束。自身がドイツに渡った経緯やブンデスリーガ時代の思い出についても語り、当時ケルンを率いていたヘネス・バイスバイラー監督から熱心なオファーがあったこと、当時はドイツメディアから「本当にサッカーができるのか?」と思われていたことなどを明かした。

奥寺氏は記者会見に先駆けて4日と5日に行われたイベントにも参加。恵比寿の『フットニック』、渋谷の『サッカーショップKAMO』で行われたイベントには、ブンデスリーガの各クラブのユニフォームに身を包んだファンが参加し、奥寺氏との会話や記念撮影を楽しんだ。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Christopher Jue

サッカーショップKAMO渋谷店にはアジア初上陸となるマイスターシャーレも展示され、集まったファンは大興奮。約40年ぶりにシャーレを手にした奥寺氏は「こんなに重かったかな?」と笑いながら話し、市庁舎のバルコニーで行われた優勝セレモニーやパレードを懐かしがった。

イベントを終えた奥寺氏は最後にこう締めくくった。「(この2日間で)日本にもコアなファンがたくさんいるなというのを改めて感じました。もちろん、ブンデスリーガを観ている人は多いと思いますが、もう少し前のめりに観てもらえるよう、僕も魅力を伝えていきたいです」

独占インタビュー「先駆者が語るブンデスリーガ」はこちら

>>前編 >>後編