Summary

  • 元ブンデスリーガ選手を父に持つホーグマがホッフェンハイムに加入
  • ブンデスリーガで実績を残している父子鷹を紹介

ホッフェンハイムがヘラクレス(オランダ)からDFジャスティン・ホーグマを獲得したというニュースを聞いて、「ホーグマ?」と思ったファンも多かったはずだ。それもそのはず、彼の父ニコヤンは1998年から2004年までハンブルガーSVに在籍し、177試合に出場した元ブンデスリーガ選手である。「蛙の子は蛙」ということわざがあるように、親の才能が子に受け継がれることも多い。センターバックを本職とする19歳のジャスティンも、父譲りの競り合いの強さが持ち味だ。

ホーグマの加入でブンデスリーガにまた一組、“父子鷹”が誕生したが、同じく二世選手としてよく知られているのがフィリップ・マックス(アウクスブルク)とミッチェル・ワイザー(ヘルタ・ベルリン)だ。フィリップの父マーティン・マックスは1860ミュンヘンで2度の得点王に輝くなど長くブンデスリーガで活躍。2004年に現役を退くまで、リーグ戦396試合に出場して126得点を挙げた。また、ミッチェルの父パトリック・ワイザーはウォルフスブルクケルンでプレー。ブンデスリーガ通算270試合に出場している。

史上初の親子3人共演が実現

来季のブンデスリーガで史上初の“親子3人の競演”を実現させるのがヒュープナー・ファミリーだ。現在アイントラハト・フランクフルトのスポーツディレクターを務める父ブルーノは、カイザースラウテルンでリーグ戦76試合に出場した元ブンデスリーガの選手であり、その息子のベンヤミン(27)はホッフェンハイム、フロリアン(26)はハノーファーでプレーしている。ハノーファーのブンデスリーガ昇格により実現する3人の競演は大きな話題を呼びそうだ。

ヒュープナー親子はホッフェンハイムの選手とフランクフルトのSDとして競演 © imago / Nordphoto

また、父子の競演ならぬ共演が実現しそうなのがヘルタ・ベルリンのパル・ダルダイ監督と息子のパルコ(18)だ。今季のブンデスリーガ第27節では父が息子をベンチ入りメンバーに抜擢して大きな注目を集めた。リーグ戦286試合に出場した偉大な父を超えられるかどうか、今後が楽しみな存在だ。

孝行息子のビッテンクールトに父も感激

父を超えるプレーヤーとして成功しているのが、ケルンのレオナルド・ビッテンクールトだ。今季レギュラーの座をつかんだレオナルドは、すでにリーグ戦107試合に出場。24歳にしてエネルギー・コットブスやVfBライプツィヒでプレーした父フランクリンの成績(通算61試合出場)を超えた。「4万人ものサポーターを前にレオの契約延長が発表された時は鳥肌が立ったよ。息子をとても誇りに思う」。孝行息子の活躍を誰よりも喜んでいるのは父親かもしれない。

ケルンの主力として活躍し、父親超えを果たしたビッテンクールト © imago

意外と多い!? ブンデスリーガで活躍する父子鷹

その他にも、ブンデスリーガには多くの父子鷹が存在する。今夏にアウクスブルクからレーバークーゼンへの移籍が決まったドミニク・コアは、カイザースラウテルンなどでプレーしたハラルドを父に持つ(ブンデスリーガ97試合出場46得点)。

ダニエル・バイヤー(アウクスブルク)の父ユルゲンは、ハノーファーでリーグ戦31試合に出場。フェリックス・クラウス(ハノーファー)の父フレッドも、ブンデスリーガでプレー経験を持つ。ベルナルド(ライプツィヒ)の父は、バイエルン・ミュンヘンに在籍したこともある元ブラジル代表選手だった。マービン・バカロルツ(ハノーファー)、フィリップ・バーグフレーデ(ブレーメン)も元プロ選手の父を持つ。

親の七光りだけでは生き残れないのがサッカーの世界。ここで紹介した選手たちはみな、実力でプロとしての地位を手にしてきた。父の背中を追ってきた二世選手から、また新たなスターが誕生するのを楽しみに待ちたい。