W杯ではクラブでチームメートのハメスとレバンドフスキが対戦する - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
W杯ではクラブでチームメートのハメスとレバンドフスキが対戦する - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ブンデスリーガのファン目線で楽しむワールドカップ

間もなく開幕するロシア・ワールドカップにブンデスリーガからは総勢65名が出場。グループAを除くすべてのグループにブンデスリーガ所属選手が登場し、それぞれの国を背負って熱いバトルを繰り広げる。普段はチームメートとしてプレーするクラブの仲間がW杯では敵として激突。ドイツ最高峰の一戦“デア・クラシカー”もロシアの地に“出張”することになる。ブンデスリーガのファンならではのW杯グループステージの楽しみ方を紹介する。

■グループB(スペイン、ポルトガル、モロッコ、イラン)

現欧州王者ポルトガルと2010年のW杯覇者スペインが激突するグループリーグ屈指の好カードで、ラファエル・ゲレイロ(ポルトガル/ドルトムント)とティアゴ・アルカンタラ(スペイン/バイエルン・ミュンヘン)が対戦。ドイツの覇権をめぐる戦い“デア・クラシカー”の代理戦がW杯を舞台に繰り広げられる。アミーヌ・アリ(シャルケ)とアジズ・ブハドゥズ(ザンクト・パウリ)がメンバー入りしたモロッコがイベリア半島の2強にどこまで食らいつけるかも注目だ。

【注目カード】
6月15日(金) ポルトガル×スペイン
6月20日(水) ポルトガル×モロッコ
6月25日(月) スペイン×モロッコ

- © gettyimages / Sebastian Widmann
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © gettyimages / Martin Rose
- © imago / Jan Huebner
- © imago
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © gettyimages / Sebastian Widmann/Bongarts