ドルトムントの指揮官に就任し、ブンデスリーガ史上17人目のオランダ人監督となったペーター・ボス - © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos
ドルトムントの指揮官に就任し、ブンデスリーガ史上17人目のオランダ人監督となったペーター・ボス - © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos
ブンデスリーガ

ブンデスリーガのオランダ人監督

今季のドルトムントは早々にブンデスリーガの優勝争いから脱落し、史上初の5連覇を達成したバイエルン・ミュンヘンに勝ち点「18」もの大差をつけられた。この差を埋めるべく、クラブはオランダ人監督のペーター・ボスにチームの指揮を託すことを決めたが、ブンデスリーガのクラブが隣国の指揮官にチームを任せるのはドルトムントが初めてではない。これまでブンデスリーガで指揮を執ってきたオランダ人監督は計16人。その中から印象深い5人を紹介する。

ルイ・ファンハール監督
(バイエルン・ミュンヘン:2009年〜2011年)

ファン・ハール監督はブンデスリーガ優勝を成し遂げた最後のオランダ人監督である。2009/10シーズンにバイエルンを率いてリーグとドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)の二冠を達成。しかし、欧州チャンピオンズリーグでは決勝で惜しくもインテルに敗れ、三冠の名誉を手にすることができなかった。翌シーズンはDFLスーパーカップで勝利を収めたが、リーグ戦ではドルトムトにタイトルを譲った。

- © ルフカイ監督は2部チームを率いてブンデスリーガ昇格を3度経験している