スベン・ベンダーは新天地でも「最後まで戦う男」という評判どおりのプレーを見せている - © imago / Sven Simon
スベン・ベンダーは新天地でも「最後まで戦う男」という評判どおりのプレーを見せている - © imago / Sven Simon
ブンデスリーガ

ブンデスリーガの「アイアンマン」

この夏にレーバークーゼンに加入したスベン・ベンダーは、ピッチ上で格闘家並みの闘争心を示している。7月23日に行われたザントハウゼンとの練習試合で、ベンダーは開始10分に鼻骨を骨折しながら最後までピッチに立ち続けた。大抵の選手ならタオルを投げて降参してしまうような場面だが、ブンデスリーガの「アイアンマン」(鉄人)と呼ばれる彼にそれは当てはまらない。

プロ選手になったばかりの頃、ベンダーには“マニ”という愛称が付けられた。バイエルン・ミュンヘンやカールスルーエ、1860ミュンヘンで活躍したマニ・ベンダーと名字が同じだったからだ。しかし、闘志溢れるプレースタイルやピッチの上で見せる勇気、痛みに負けずプレーする姿から、ドルトムント時代に「アイアン・マニ(アイアンマン)」と呼ばれるようになった。

ベンダーは2011年から2012年にかけての12カ月で、あごの骨を含む顔面4箇所を骨折。しかし、そのほとんどはすぐに戦列に戻った。特に有名なのは2013年11月、欧州チャンピオンズリーグのナポリ戦で起きた出来事だ。センターバックを務めていたベンダーは18分に鼻骨を折りながらその後もプレーを続行。流血によって何度もユニフォームを着替えなければならなかったが、ベンチにDFがいないことを知っていたベンダーは、ピッチを出ることを拒み続けたのである。

当時ドルトムントを率いていたユルゲン・クロップ監督は、「ベンダーはいいパフォーマンスをしていたから、ピッチに残ってくれてよかった。血がついたユニフォームを何度も着替える必要があり、最後はクラブのオフィシャルショップから持ってきたけどね」と話していた。

- © imago