ドルトムントの略称として知られる「BVB」の意味とは? - © gettyimages
ドルトムントの略称として知られる「BVB」の意味とは? - © gettyimages
ブンデスリーガ

ブンデスリーガのクラブ名を読み解く

ブンデスリーガは世界中のファンを魅了しているが、いくつかのクラブの名前は国外のファンにとってあまり親しみやすいものではない。その理由は「TSG」や「VfB」のように奇妙なアルファベットや数字が並んでいるからだ。ファンにとって暗号のようなクラブ名の意味を解説していく。

まずはVfBシュトゥットガルトとVfLウォルフスブルク。それぞれクラブ名の頭にアルファベットが付いているが、その意味は簡単だ。「VfB」は「Verein für Bewegungsspiele」略で、「VfL」は「Verein für Leibesübungen 」の略。「Verein」には「クラブ」、「Bewegungsspiele」と「Leibesübungen」には「運動、体操、スポーツ」といった意味があり、どちらも「スポーツクラブ」を表している。ただし、ドイツ人でさえも長いと感じるため略字が使われているのだという。

同じようにハンブルガーSVやSVヴェルダー・ブレーメンの「SV」は「Sportverein」を省略したもので、意味はそのまま「スポーツクラブ」となる。TSG 1899 ホッフェンハイムの「TSG」は「運動とスポーツのクラブ」を意味する「Turn- und Sportgemeinschaft」の略字、RBライプツィヒの「RB」は「Rasenballsport」の略字で、意味は「芝生の球技」となる。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Boris Streubel
- © gettyimages / Lukas Schulze