Summary

  • ブンデスリーガで働く日本人を紹介する第1弾の前編
  • 名門1.FCケルンの育成部門GKコーチ、田口哲雄さん
  • トップチームの守護神であり、未来のドイツ代表を担うホーンを育てた

ブンデスリーガの名門1.FCケルンにはコーチとして働く日本人がいる。U−21および育成部門のGKコーチを務め、リオデジャネイロ・オリンピック銀メダリストのティモ・ホーンを育てた田口哲雄さんだ。若くしてドイツに渡り、ブンデスリーガで活躍する田口さんに現在の仕事や選手育成のノウハウ、今後のビジョンなどについて話をうかがった。

「日本にいては知り得ないことを学びたい」

――始めにドイツに来たきっかけを教えてください。

田口 僕はずっとサッカーが好きで、若い頃から「サッカーで飯を食いたい」と思っていました。GKだったのですが、前十字じん帯の損傷などひざに起こり得るあらゆるけがをしまして……選手としてのキャリアは諦めざるを得なかった。大学3年生くらいになると周りでは就職活動が始まり、そろそろ自分の人生について考え出しますよね。でも僕はその時、会社勤めをするよりも、好きなサッカーを続けたい、GKに関して、日本にいては知り得ないことを学びたいと思ったんです。常々「ドイツのGKはなぜこんなにレベルが高いのだろう?」と思っていたので、大学を卒業してすぐに渡独しました。始めはケルン体育大学に通いながら、選手としても当時の5部リーグなどでプレーしていたのですが、ひざの状態が悪化してしまって、1年半くらい経ってからサッカースクールでGKコーチのアルバイトを始めたんです。そのうち、学業よりもアルバイトの比重がどんどん上がっていって、気づいたら指導者として働く時間が10割になっていました。

――その後、1.FCケルンでGKコーチとして働き始められたということですね。

田口 ケルンで働き始めたのは2006年からなので、今年で12年目になります。でも当時の正規雇用はセカンドチーム(U−21)とU−19、U−17、U−15の監督だけで、他のコーチはアルバイトでした。タイミングが良かったのは、ちょうどその頃、ブンデスリーガの各クラブに下部組織を拡充する流れがあったことです。それで僕も2008年7月、32歳の時に正規雇用で採用され、その後も正規雇用のスタッフが増え、今ではU−11以上の全監督、GKコーチ、フィットネスコーチが正規雇用です。どこの馬の骨か分からない、プロ選手としての経験もない日本人を雇用するなんて、クラブとしては冒険だったと思います。だから僕だけは唯一、採用テストがありました。僕がグラウンドで指導しているところを、(ロルフ)ヘリングスさんがチェックしていたらしいです。ヘリングスさんは奥寺康彦さんがケルンでプレーしていた時代からクラブにいるGKコーチで、僕の師匠でもあります。

「指導者は目で見て気づけるかどうかが命」

――奥寺さんはインタビューの中で「ケルンのデビュー戦でいきなりPKを献上してしまったが、GKの(ハラルト)シューマッハーが止めてくれた」と話していました。ヘリングスさんは元西ドイツ代表GKでもあるシューマッハーを育てたドイツサッカー界の重鎮ですよね。そんな彼からどのようなことを学ばれましたか?

田口 彼が選手を指導しているのを、僕はずっと横で見ていました。彼が「今のは良い」「今のは悪い」と指導する中で、自分でも良い時と悪い時の違いがだんだん分かるようになっていきました。偉そうなことを言うようですが、指導者は目で見て気づけるかどうかが命だと思います。結局、修正するポイントは、それに気づけて初めて修正できるわけですから。そのポイントを見過ごしてしまったら修正がきかない。そういう意味では、彼の隣で目を養えたのは大きかったですね。だから僕は今でも、最初のぼんやりとした気づきを大切にしていて、何か引っかかるところがあればもう一度目で確かめる。例えばひざの角度やタイミングが違うとか、そういうことを分析しています。目で見て気づくことは大事ですね。 

ヘリングス氏(右)は1964年の東京オリンピックで槍投げ7位に入賞。69年にケルンでブンデスリーガ初のコンディショニングトレーナーに就任し、73年からはGKコーチとして、76歳の現在も指導を行っている。写真は2014年にかつての教え子シューマッハー氏と © imago / Herbert Bucco

――ヘリングスさんとの関係は今も同じでしょうか。

田口 最初は雲の上の存在でしたが、今は二人で肩を組んで練習を見ています(笑)。もちろん、彼の意見や見方は今でも大事にしていて、自分の中で不安がある時は彼とトップチームのGKコーチに聞いています。彼らは自分の感覚のズレを修正してくれる存在であり、そういう人たちが周りにいてくれるのは有難いですね。

 ――仕事のタイムスケジュールを教えてください。

田口 GKの練習はU−15からU−21まで担当していて、U−21はチーム全体の活動に関わっています。U−21は2部練習が週に2回くらいあって、週末には試合に同行し、平日も練習試合があれば見ることがあります。アンダーカテゴリーのGKは夕方から練習を見ています。日によって選手の人数が違うので、グループを分けて行うこともありますし、例えば、昨日はU−15とU−13のGKが一人ずつしかいなかったので、僕ともう一人のGKコーチ(U−21の現役GK)で2選手を一緒に見ました。もちろん、試合中の印象も重要なので、U−19やU−17の試合を見ることもありますよ。

――昨季はコーチングスタッフとしてトップチーム(ブンデスリーガ)の試合をベンチで見守っていました。

田口 昨年はトップチームのGKコーチ(アレクサンダー・バーデ)がけがをしていたので、彼の代理をしていました。それ以外でも、槙野(智章)君が所属していた時(2011年)は通訳としてベンチに入っていましたね。今もトップチームがアウェーに遠征している間、けがで調整しているトップチームのGKの練習を任されることがあります。トップチームのGK3人のことは皆知っていますし、ティモ・ホーンとスベン・ミュラーは僕の教え子でもあるので。

昨シーズンはトップチームのバーデGKコーチが負傷していたため、田口さんがその代わりを務めた © imago / Eduard Bopp

教え子たちがトップチームへ昇格

――田口さんの教え子でこれまでにプロ契約を結んだ選手は誰ですか?

田口 ティモとスベン、ウニオン・ベルリン(ブンデスリーガ2部)でプレーしているダニエル・メゼンヘーラー、ロストック(3部)のマーセル・シューエン、それからフィリピン代表のGKもそうです。選手が上に昇格していくのはいいですよね。ティモが毎週試合に出て良いプレーをしてくれると、「自分の仕事は間違ってなかったんだな」と思えます。

――ホーン選手の才能を最初から見抜いていたのですか?

田口 ティモは13歳くらいの頃から知っていますが、昔から才能というか、オーラが違いましたね。日本で言えば中学生年代ですが、会話していても大人のような対応で、落ち着いた雰囲気があった。同年代のGKと比べても桁違いなので、「今後どうなるのかな?」と思っていました。U−15からドイツ代表にも選出されましたし、その世代で一番良いGKだということは明らかでした。統計的に見ても過去にアンダーカテゴリーの代表に選ばれた選手はだいたいプロになっています。ただ、彼はもう1ランク違うと思います。

田口さんが育てたホーンは当時19歳だった2012/13シーズンからケルンの守護神を務めている © gettyimages / Juergen Schwarz/Bongarts

――ホーン選手は昨年のオリンピックにドイツ代表として出場し、銀メダルを獲得しました。

田口 大会中、ずっと連絡を取っていました。ティモは国際舞台でも落ち着いていたし、大事なところでちゃんとボールを止めていた。そういう決定的なプレーを見て、「この選手はもうこのレベルに達しちゃったんだな」と確信しました。

後編へ続く

【プロフィール】
田口哲雄(たぐち てつお)
1976年、埼玉県生まれ。2001年東京外国語大学卒業後、渡独。2006年からケルンの育成部門GKコーチとして働き始め、現在はU−21チームのコーチングスタッフおよびU−15からU−21のGK育成を担当している