- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Lukas Schulze
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Lukas Schulze
ブンデスリーガ

ブンデスリーガが2017/18シーズンも熱くなる「10」の理由

8月18日に行われるバイエルン・ミュンヘン対レーバークーゼンでブンデスリーガ55年目のシーズンが幕を開ける。開幕を前に今季もブンデスリーガが熱くなる「10」の理由を紹介する。

1)バイエルンの独走は許さない

リーグ史上初の5連覇を遂げたバイエルンが、今季も断トツの優勝候補。ただし、ライバルに名乗りを上げるチームは「王者でもつまずくことがある」と信じてそのチャンスをうかがっている。その一番手であるドルトムントは、昨夏とは対照的に主力をチームに残留させることに成功。守護神のローマン・ビュルキは「バイエルンとの差を詰めたい」と意気込んでいる。昨季2位とサプライズを起こしたライプツィヒは、最後まで息切れすることなくバイエルンを苦しめるのが目標。バイエルン包囲網が機能すれば、そう簡単に6連覇とはならないはずだ。

2)ハメス&トリッソ…新しいスターが続々参戦

この夏最大のビッグディールとなったのが、レアル・マドリード(スペイン)から2年間の期限付き移籍でバイエルンにやって来たハメス・ロドリゲスだ。バイエルンはこのコロンビア出身のスーパースターに加え、リヨン(フランス)からコランタン・トリッソも獲得。リーグ6連覇に向けて盤石の陣容を整えた。他チームに目を向けると、ドルトムントはダンアクセル・ザガドゥを、ライプツィヒはジャンケビン・オギュスタンを、シャルケはアミーヌ・アリを獲得。各クラブのニューフェースがリーグをさらに盛り上げる。

- © gettyimages / Maja Hitij
- © gettyimages / Hangst
- © gettyimages
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA