Summary

  • ブレーメンがヌーリ監督を解任
  • 今季ここまで5分5敗で未勝利
  • 後任は未定、次節に向けて同クラブU-23監督が指導

ブレーメンは10月30日、アレクサンダー・ヌーリ監督(38)を解任したことを発表した。

ヌーリ監督は昨年9月、ビクトル・スクリプニク監督の解任に伴い、同クラブU-23監督からトップチームの暫定監督に就くと、最下位に沈んでいたチームの立て直しに成功。10月には正式に監督に就任した。その後、ブレーメンは驚異のV字回復を見せ、シーズンを8位で終了。クラブはヌーリ監督との契約を延長していたが、今季は第10節を終えて5分5敗と不振に陥っていた。

ブレーメンは11月3日(金)、ブンデスリーガ第11節でアイントラハト・フランクフルトとアウェーで対戦する。この一戦に向けては、同クラブU-23のフローリアン・コーフェルト監督を中心に、トーマス・ホルシュ同アシスタントコーチ、ティム・ブロウンスキ同U-17アシスタントコーチがトレーニングを行う予定。