Summary

  • 長谷部と鎌田のフランクフルト、中盤に負傷者
  • デグズマンが10日の練習試合で左肩をけが

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは11月11日、同クラブに所属するジョナサン・デグズマンの戦線離脱を発表した。

デグズマンは10日に行われたザントハウゼン(2部)とのテストマッチ(※詳細はこちら)に先発出場したが、1対1の場面で左肩を負傷し、74分にベンチへ下がっていた。その後、病院でMRI検査を受けた結果、手術は避けられない見通しだということが判明。これにより、年内の復帰は絶望的となっている。

代表取締役のフレディ・ボビッチ氏は「ジョナサンができるだけ早く復帰できることを願っています。我々にとって彼の長期離脱は痛い出来事ですが、ジョナサンはこの困難から立ちあがり、さらなるパワーを身につけて帰ってきてくれるはずです」とコメントした。