Summary

  • フランクフルト長谷部、独占インタビュー
  • 連勝中のチームは今節、ホームでドルトムントと対戦
  • 3月に負傷したひざの状況は?

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは10月21日(土)、ブンデスリーガ第9節で香川真司が所属するドルトムントと対戦する。ブンデスリーガの日本人最多出場記録 (242試合)を持つ長谷部と同最多得点記録(38ゴール)を持つ香川の激突を前に、前者にインタビューを行った。

——今週末、フランクフルトはホームでドルトムントと対戦します。

長谷部 ドルトムントは現在首位で、前節のライプツィヒ戦で敗れましたけど、新しい監督が来て、また素晴らしい戦いをしていますし、難しい相手には変わりないです。ただ、自分たちのホームでの試合なので、勝ち点3を狙って戦いたいなと思います。

——昨季はドルトムントとのホーム戦で勝利を収めました。

長谷部 昨年は2ー1で勝利したので、その時の良い感覚も持ってますし、良い準備をしたいと思います。

——ドルトムントとの対戦はどのようなところが難しいのでしょうか?

長谷部 ドルトムントは新しい選手や負傷者が復帰してきて、戦力がしっかりと整っています。攻撃と守備、両方とも穴がない、隙のないチームなので非常に難しい試合になると思います。ただ、自分たちも戦術的な部分では今シーズンも良い戦い方ができているので、それをしっかりとこの試合でも表現したいと思います。

——香川選手との対戦についてはいかがですか?

長谷部 彼とはブンデスリーガで何度も対戦していますし、特別な感じはもうありません。彼はドルトムントというヨーロッパでトップのクラブで、厳しい競争の中で戦っています。日本人としてお互い、ピッチに立てたらと思います。

——先日、香川選手はブンデスリーガ通算38得点目を挙げて日本人最多得点記録を樹立しました。このことはご存知でしたか?

長谷部 ニュースで見ました。ドルトムントでの彼の功績というのは本当に素晴らしいですし、得点だけでなく、いろいろな意味での彼の貢献度というのは大きいと思います。彼が活躍したことによって、多くの日本人がブンデスリーガでこうしてプレーできている。彼がこの流れを作ってくれたと思います。

© gettyimages / Simon Hofmann

——前節ハノーファー戦はフル出場されましたが、現在のひざの状況はいかがですか?

長谷部 ひざの状況は様子を見なければ分からないといいますか、すごく良い時もあれば、試合後にリアクションが出る時もあります。ただ、先々週の代表ウィークの時にしっかりとひざを休めることができましたし、ニコ・コバチ督やメディカルスタッフとコミュニケーションを取ってやっているので、今は非常に良い状態です。

——今季、現在までのチームの状況はいかがでしょうか?

長谷部 今、勝ち点13で7位なので、ポジションとしては全然悪くないと思っています。ただ、サッカーとしてはより良くなると思います。ここまでは厳しい戦いが続いていますし、ホームではあまり勝ち点を取れていませんが、自分たちはチームにポテンシャルがあると思っているので、それをピッチの上でうまく表現できればいいなと思っています。

——現在は今季初の連勝中です。これで良い波に乗れたのでは?

長谷部そうですね。2連勝、そして2試合とも最後の最後で点を取って勝っているので、チームの雰囲気は良いですし、この雰囲気を次の試合にも持っていきたいと思います。

——今季のチームの目標は?

長谷部 とにかく、できるだけ早く勝ち点を稼いで、まずは残留争いには入りたくないですね。監督も言ってますけど、今季のブンデスリーガは混戦といいますか、力が拮抗している。毎試合、どこが勝って、どこが負けるのか分からないので、最後までどうなるか分からない戦いが続くかもしれません。目の前の一試合、一試合を全力で戦って、そして最後に良い結果が待っていればいいなと思います。 

© gettyimages / Martin Rose

インタビューのつづきはこちら