今季第8節まで全試合にフル出場していたフランクフルトの右SBチャンドラーが半月板を損傷し、手術を受けることになった - © © imago
今季第8節まで全試合にフル出場していたフランクフルトの右SBチャンドラーが半月板を損傷し、手術を受けることになった - © © imago
ブンデスリーガ

フランクフルト不動のSBチャンドラー、半月板を損傷

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは10月22日、DFティモシー・チャンドラー(27)が右ひざの外側半月板を損傷したことを発表した。現時点では同選手の離脱期間は不明となっている。

右SBのチャンドラーは前日、ホームで行われれたブンデスリーガ第9節のドルトムント戦に先発したが、37分に負傷交代していた。今季リーグ戦は前節まで全試合でフル出場しており、フランクフルトにとって同選手の離脱は痛手となる。

- © imago