フランクフルトはDFB杯決勝でバイエルンに勝利し、30年ぶりのタイトルを手にした - © © gettyimages / Hassenstein
フランクフルトはDFB杯決勝でバイエルンに勝利し、30年ぶりのタイトルを手にした - © © gettyimages / Hassenstein

フランクフルトが30年ぶり5度目のDFB杯優勝

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)決勝が5月19日にベルリンのオリンピア・シュターディオンで行われ、長谷部誠と鎌田大地の所属するアイントラハト・フランクフルトがバイエルン・ミュンヘンと対戦。3ー1で勝利したフランクフルトが30年ぶり5回目の頂点に輝いた。長谷部はフル出場、鎌田はベンチ外だった。 バイエルン・ミュンヘン 1ー3 アイントラハト・フランクフルト

最初にチャンスを迎えたのは8分のバイエルンだった。ペナルティーエリアわずかに外で獲得したFKをレバンドフスキが直接狙うと、ボールはクロスバーを直撃。長谷部がこぼれ球をヘディングでクリアし、フランクフルトは事なきを得る。

するとその3分後、ズューレからハメスへとつないだところでレビッチが奪い、ボールを受けたボアテングが縦にスルーパス。そして抜け出したレビッチが利き足とは逆の右足でゴール左下に決め、フランクフルトが先制に成功した。

- © gettyimages / CHRISTOF STACHE
- © gettyimages / TOBIAS SCHWARZ
- © gettyimages / Baron
- © gettyimages / Alexander Hassenstein