Summary

  • ブンデスリーガ第16節初日、ハンブルク対フランクフルト
  • ハンブルクがセットプレーから先制も、フランクフルトが逆転勝利
  • 伊藤は途中出場、酒井は出場機会なし、長谷部と鎌田はベンチ外

ミッドウィーク開催のブンデスリーガ第16節初日が12月12日に行われ、酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは本拠地で長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトと対戦し、1ー2で黒星を喫した。酒井はベンチ入りも出番なし、伊藤は67分から出場、長谷部と鎌田はベンチ外だった。

ハンブルガーSV 1ー2 アイントラハト・フランクフルト

ホームのハンブルクは開始直後、左MFのコスティッチがドリブル突破から相手ゴールに迫り、チームに勢いをもたらすプレー。すると9分、キャプテンマークを巻いたパパドプロスがCKに頭で合わせ、幸先良く先制点を奪う。

フランクフルトはこの失点の直前に、CBアブラハムが負傷交代するアクシデントもあったが、しかし次第に試合のペースを握り出す。そして16分、チャンドラーからのパスをペナルティーエリア内で受けたウォルフが、巧みなボールコントロールで相手をかわし右足シュート。これがネットに決まり、フランクフルトは早々に試合を振り出しに戻した。

その後も主導権を握るフランクフルトは24分、ウォフルからスルーパスを引き出したチャンドラーが中に折り返すと、後方から走り込んだガチノビッチが逆転弾。前半はフランクフルトの1点リードで終了した。

© imago / 31733905

後半立ち上がりはハンブルクが先手を取る。50分、セットプレーからアープが相手ゴールに迫るも、シュートはクロスバーを越えてしまう。

67分に伊藤が入ると、その直後にいきなりチャンスを演出する。右サイドでハントに縦パスを送り、そこからのクロスに再びアープが合わせたが、これもわずかに枠を外れてしまった。

70分には、再び伊藤がペナルティーエリア内でうまくターンし、そのままドリブルで持ち込むも、DFの厳しいプレスに遭い、シュートを打つことはできない。

ハンブルクはボールを支配して多彩な攻撃を仕掛けるも、ゴール前でのプレーに精彩を欠き、得点を奪うことができない。伊藤も懸命に右サイドからチャンスを作り続けたが、これも実らず、1ー2でフランクフルトに競り負けた。

© imago / Jan Huebner

【得点】

ハンブルガーSV:パパドプロス(9分)
アイントラハト・フランクフルト:ウォルフ(16分)、ガチノビッチ(24分)

【ラインナップ】

ハンブルガーSV(4ー2ー3ー1)
マテニア;ディークマイヤー、パパドプロス、マブライ(82分 シップロック)、サントス;ユング、ワラシ(36分 エクダル);ハント、ワルトシュミット(67分 伊藤)、コスティッチ;アープ

アイントラハト・フランクフルト(5ー3ー2)
フラデツキー;チャンドラー、アブラハム(8分 サルセド)、ルス、ファレット、タワタ;ウォルフ、フェルナンデス、ガチノビッチ(46分 バルコク);ヨビッチ(62分 ボアテング)、レビッチ