フランクフルトは最下位シュトゥットガルトに敵地で勝利。長谷部も公式戦10試合連続フル出場を果たした - © © gettyimages / Alexander Hassenstein
フランクフルトは最下位シュトゥットガルトに敵地で勝利。長谷部も公式戦10試合連続フル出場を果たした - © © gettyimages / Alexander Hassenstein
ブンデスリーガ

フランクフルトが今季5勝目、暫定3位に浮上

ブンデスリーガ第10節初日が11月2日に行われ、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは敵地でシュトゥットガルトと対戦し、3ー0で勝利した。3バックの中央を任された長谷部は今節もフル出場した。 シュトゥットガルト 0ー3 アイントラハト・フランクフルト

開始直後の4分、ダコスタのロングボールをレビッチが落とし、ヨヴィッチがシュートを放つと、GKツィーラーの弾いたところをレビッチがネットに蹴り込む。しかしビデオ判定の末、レビッチがオフサイドポジションにいたことが分かり、このゴールは取り消しとなった。

続く9分、右からマフェオが放り込んだセンタリングに、ゴール前でフリーとなったゴメスが頭で合わせるもボールは枠の右へ。シュトゥットガルトは先制点を奪うビッグチャンスを逃してしまった。

- © gettyimages / Alexander Hassenstein
- © gettyimages / Alexander Hassenstein
- © gettyimages / Alexander Hassenstein