Summary

  • ブンデスリーガ第25節2日目、フランクフルト対ハノーファー
  • ダコスタのゴールを守り抜いたフランクフルトが白星
  • 長谷部はリベロでフル出場、鎌田はベンチ外

ブンデスリーガ第25節2日目が3月3日に行われ、長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは、本拠地でハノーファーと対戦し、1ー0で勝利した。長谷部は8試合連続となるフル出場、鎌田はベンチ外だった。

アイントラハト・フランクフルト 1ー0 ハノーファー

試合は開始からホームのフランクフルトが優位に進める。まずは6分、リベロで先発の長谷部が右からクロスを入れると、ニアサイドのDFアントンの頭に当たり、運よくファーサイドで待つレビッチの元へ。そしてこれをレビッチが強烈なダイレクトボレーで狙ったが、惜しくもボールはGKの正面へ飛んでしまう。

16分には同じく右サイドから、今度はウォルフが鋭いセンタリングを放り込み、ニアへ飛びこむレビッチが頭で合わせるも、ハノーファー守護神が右腕1本でファインセーブを見せる。

ようやく39分、デグズマンの蹴った右CKを後方から飛び込んだダコスタがヘディングシュート。これがネットに決まり、フランクフルトが先制点を奪った。

© gettyimages / Maja Hitij

後半最初のチャンスは、フランクフルトが作りだす。53分、アタッキングサードでボールを持つデグズマンが、ハラーとのワンツーで狭いゾーンを抜け出し、ペナルティーエリアに進入。GKと1対1の場面を迎えたものの、右足から放たれたシュートは果敢に飛び出してきたチャウナーに防がれてしまう。

すると61分、ゴール前に入ってきたアルボルノスがダコスタに倒されたとフリッツ主審は判断。ハノーファーにPKを与えるが、ここでビデオ判定となり映像をチェックした結果、PKは取り消し。さらにシミュレーションを犯したと見なされ、アルボルノスにはイエローカードが提示された。

同点を目指すハノーファーはロスタイム1分、FKからロングボールを放り込み、ハーニクがゴール前に抜け出すも、GKフラデツキーがセーブ。このまま1点を守り抜いたフランクフルトが2試合ぶりの勝利を飾り、勝ち点を42に伸ばしている。

© gettyimages / Maja Hitij

【得点】

アイントラハト・フランクフルト:ダコスタ(39分)
ハノーファー:なし

【ラインナップ】

アイントラハト・フランクフルト(3ー5ー2)
フラデツキー;アブラハム、長谷部、ファレット(46分 ルス);ダコスタ、ウォルフ、フェルナンデス、デグズマン、チャンドラー;ハラー(83分 ボアテング)、レビッチ(89分 ガチノビッチ)

ハノーファー(3ー5ー2)
チャウナー;ゾーク(75分 ジョナタス)、アントン、フェリペ;コープ、バカローツ(67分 ベブー)、シュベークラー、フォッスム、オスチョレク(46分 アルボルノス);ハーニク、フュルクルーク