Summary

  • ブンデスリーガ2部第6節最終日、ハイデンハイム対フュルト
  • フュルトが0ー2で敗戦、今季初の黒星
  • 井手口は2試合連続フル出場

ブンデスリーガ2部第6節最終日が9月23日に行われ、井手口陽介が所属するフュルトは敵地でハイデンハイムと対戦し、0ー2で敗れた。井手口は2試合連続フル出場だった。

ハイデンハイム 2ー0 フュルト

試合が動いたのは66分、グリースベックのセンタリングに交代出場のグラーツェルが頭で合わせ、ハイデンハイムが先制。さらに終了間際にも、シュナッテラーのパスを受けたグラーツェルが、DFをかわしてダメ押し弾を決めた。

ハイデンハイムは2勝2敗2分で12位のまま。フュルトは今季初の黒星を喫し、4位に後退した。

© imago / Zink

【得点】

ハイデンハイム:グラーツェル(66分、90+1分)
フュルト:なし

【ラインナップ】

ハイデンハイム(4ー4ー2)
アイヒャー;ブシュ、マインカ、ベーアマン、トイアーカウフ;ティール(65分 スカルケ)、グリースベック、ドルシュ、シュナッテラー;ドベダン(87分 プシュ)、シュミット(65分 グラーツェル)

フュルト(4ー1ー4ー1)
ブルヒャート、ザウアー、マロカ、マグヤー、モーア;グッガニヒ(69分 パーカー);アタンガ(69分 シュタイニンガー)、エルンスト(82分 ラウム)、井手口、グリーン;ケイタリュール