年内最終戦となる第16節、金髪で登場したフメルス。バイエルンは2位ライプツィヒを撃破し、今年も首位で越年する - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Action Imagery
年内最終戦となる第16節、金髪で登場したフメルス。バイエルンは2位ライプツィヒを撃破し、今年も首位で越年する - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Action Imagery
ブンデスリーガ

フメルス「ライプツィヒのやりたいようには……」

バイエルン・ミュンヘンは2016年の最終戦でライプツィヒに3-0の完封勝利を収めた。勝ち点で並んでいた両クラブだが、これでバイエルンはライバルを3ポイント離し、首位でウィンターブレークを迎えている。今夏、ドルトムントからバイエルンへ復帰し、CBとして14試合に出場しているマッツ・フメルスに試合後、インタビューを行った。

——ライプツィヒ戦での完勝、何が決定的だったのでしょうか?

フメルス 多くのことです。僕たちは始めからインテンシブな試合をしました。ライプツィヒのやりたいようには、やらせなかった。相手にボールを奪われてからの素早いカウンターもほぼ完全に防ぎました。最高の試合ができたし、満足してもいいと思います。(ライプツィヒのフォースベルクの)レッドカードによって試合は決定づけられ、数分のうちに僕たちにとって完璧な流れになりました。

——この試合は前半戦のベストでしょうか?

フメルス そう言うこともできますね。強敵ということを考えれば、もっと認めてもいいかもしれませんが、自分たちのパフォーマンスも良かったです。

——ライプツィヒと次に対戦する第33節まで、同クラブは上位にいると思いますか?

フメルス 可能性としてはあるでしょう。でも、僕たちにも言えるように、そのためにはさまざまなファクターが必要になってきます。僕たちはただ、与えられた課題をやらないといけません。ライプツィヒのクオリティーはとても高いですから、多くのことを期待できると思います。個人的にチームのベストプレーヤーだと思っているエミル・フォースベルクを欠くことは残念ですね。でも、チームは彼らのやり方でプレーし、上位にとどまる素質はあると思います。

- © gettyimages / Adam Pretty
- © gettyimages / Adam Pretty