ライプツィヒの躍進を支えるフォースベルクは祖父も父もサッカー選手というサラブレッド - © © imago
ライプツィヒの躍進を支えるフォースベルクは祖父も父もサッカー選手というサラブレッド - © © imago
ブンデスリーガ

フォースベルクを知る10のポイント

ブンデスリーガ第12節を終えた時点で5得点7アシスト。エミル・フォースベルクが首位を走るライプツィヒの快進撃を支えている。2015年1月にライプツィヒへ加入し、すぐさま飛躍を遂げた25歳のスウェーデン代表MFに関する10のポイントを紹介しよう。

1)フットボール一家

フォースベルクにはフットボーラーの血が流れている。祖父は1950年代にGIFスンズバルでプレー。父親も1980年〜1990年代にかけて同クラブで400試合以上に出場し、143ゴールを記録。彼が着けた背番号10が永久欠番になるほどのクラブのレジェンドだ。その息子のエミルもまた、三代続けてGIFスンズバルでデビュー。2009年に当時17歳で初出場を果たすと、2013年にマルメに移籍するまで、97試合に出場して24ゴールを挙げた。

2)フットボール一筋

スウェーデンで生まれ育ったフォースベルクは、アイスホッケーなど様々なスポーツに挑戦したが、選んだのはプロフットボーラーとしての道だった。フットボールで生きていけなかったらどうしていたかと問われたフォースベルクは「失業者か、もしくは父親と同じ消防署で働いていただろうね」と答えている。

3)マルメでのステップ

マルメ移籍直後こそ馴染むのに苦労したが、慣れてしまえば活躍するまで時間はかからなかった。アルスベンスカンで57試合19ゴールをマークし、2度のリーグタイトルに貢献。リーグ年間最優秀MFに輝き、欧州チャンピオンズリーグ(CL)でのプレーも経験するなど、確実にキャリアを積んでいった。

4)スウェーデン代表招集

U-19代表から招集を受けていたため、A代表選出に驚きはなかった。2014年1月に行われたモルドバとの親善試合で代表デビューを飾り、これまで24試合出場で3ゴールを記録。ユーロ2016では全3試合で先発メンバーに名を連ねていた。

- © imago / Bildbyran
- © imago / Eibner