Summary

  • アウクスブルクのスタートダッシュに貢献したフィンボガソン
  • 開幕7試合で4ゴール。ケルン戦ではハットトリックを達成
  • 代表ではアイスランドに初のワールドカップ出場をもたらす

悲願のワールドカップ初出場を決めたアイスランドと、ブンデスリーガで過去最高のスタートダッシュに成功したアウクスブルク。この2チームで主軸を担うのがアルフレズ・フィンボガソンだ。にわかに存在感が増した28歳のストライカーは今、キャリアのピークを迎えようとしている。

オランダでリーグ得点王に輝く

フィンボガソンはこれまでロケレン(ベルギー)、ヘルシンボリ(フィンランド)、レアル・ソシエダ(スペイン)、オリンピアコス(ギリシャ)など、欧州7カ国の8クラブでプレーしてきた。ヘーレンフェーン(オランダ)時代の2013/14シーズンには29ゴールを挙げてエールディビジ得点王を獲得。2015/16シーズンの途中にアウクスブルクに加入すると、在籍3年目の今季は開幕7試合で4ゴールと開幕からハイパフォーマンスを披露している。

第3節のケルン戦では2013年11月以来となるハットトリックを達成。8月のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦では開始33秒でゴールネットを揺らしてクラブの最速得点記録を更新したが、フィンボガソンは2016年のウォルフスブルク戦でも開始46秒でゴールを決めている。開始1分以内に2ゴールは、もちろんクラブ史上初の快挙だ。

複数のクラブで様々な経験を積んできたフィンボガソンは、「多くのことを学んできた。精神的に強くなければならないし、前向きでいる必要がある。そして常に自分を信じていなければならない」と自信を持つことの重要性について語っている。

© gettyimages / Sebastian Widmann

英雄の下でストライカーの才能が開花

アウクスブルクは第3節から3連勝を記録するなど、ここまで3勝2分け2敗の6位。フィンボガソンは「チームの第一目標はブンデスリーガ残留」と控えめに語るが、一方で「それが達成できたら次の目標はヨーロッパの大会への出場だね。より高いレベルでプレーできたら素晴らしい」と野心ものぞかせている。

フィンボガソンはヘーレンフェーン時代、オランダの伝説的ストライカーだったマルコ・ファンバステン監督の下でプレー。この経験が点取り屋としての才能を開花させるきっかけになった。「彼の下で働くことができたのは本当に名誉だった。監督にいろいろと質問してアドバイスをもらっていた。いい友人として今も定期的に連絡を取っている」

代表ではこれまで44試合で11得点を記録。3ゴールを挙げてアイスランドの躍進に貢献した昨年の欧州選手権に続き、今回はW杯出場を手繰り寄せて母国のサッカー史に新たな歴史を刻んだ。フィンボガソンが好調をキープしている限り、アウクスブルクとアイスランド代表には明るい未来が待っている。

© gettyimages / HARALDUR GUDJONSSON