キャリアやプレースタイルが不思議なほどロイス(左)に似ているフィリップ(右) - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
キャリアやプレースタイルが不思議なほどロイス(左)に似ているフィリップ(右) - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

新天地ドルトムントで好スタート。フィリップはロイス二世?

今夏にフライブルクからドルトムントに加入したマクシミリアン・フィリップが新天地で早くも本領を発揮している。6ー1の大勝を収めた第6節のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦では大量得点の口火を切る2ゴールを記録。これで今季の成績は4ゴール2アシストとなった。

ドルトムントの攻撃陣にはピエールエメリク・オバメヤンを筆頭に、クリスティアン・プリシッチ、マリオ・ゲッツェ、香川真司、さらには新加入のアンドリー・ヤルモレンコらがそろうが、フィリップのキャリアやプレースタイルはケガで離脱中のマーコ・ロイスを彷彿とさせる。

ドルトムントに加入したのはともに23歳の時。両足が使えて、スピードとテクニックに優れ、前線の複数ポジションでプレーすることが可能。つまり、フィリップはロイスと同様、クラブが必要としているものをすべてを備えているのだ。

チームメートから「ミリ」の愛称で呼ばれるフィリップは、ヘルタ・ベルリンのユースアカデミーでキャリアをスタート。テニス・ボルシア・ベルリンとエネルギー・コットブスを経て、2013年に18歳でフライブルクに加入した。2014/15シーズンには早くもトップチームで24試合に出場。翌シーズンには31試合に出場し、チームの2部優勝とブンデスリーガ昇格に貢献した。

もっとも、フィリップの実力が真の意味で発揮されたのは2016/17シーズンだった。左右のウイングとセンタフォワード、セカンドストライカーを器用にこなし、負傷で25試合の出場にとどまりながら9ゴール2アシストを記録。フライブルクを7位に導き、欧州リーグ(EL)予選の出場権をもたらした。

- © gettyimages / Michael Kienzler
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA