1999年の初ゴール以来、ブンデスリーガで20年連続ゴールを達成したピサロ - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
1999年の初ゴール以来、ブンデスリーガで20年連続ゴールを達成したピサロ - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ピサロがブンデスリーガ20年連続ゴールを達成

3月4日に行われたブンデスリーガ第25節のケルン対シュトゥットガルトで新たな偉業が達成された。今季からケルンでプレーするベテランFWのクラウディオ・ピサロが移籍後初ゴールをマーク。ピサロにとってはブンデスリーガで20年連続の得点となった。

偉業の始まりは1999年

偉業達成への第一歩はピサロが母国のアリアンサ・リマからブレーメンに移籍した1999年だった。当時20歳のピサロはまだ無名の存在だったが、優れたテクニックと高い得点力で1年目から10ゴールをマーク。すぐにサポーターの心をつかむと、2年目にはほぼ倍増の19ゴールを挙げた。

2001年にはバイエルン・ミュンヘンに引き抜かれて6年間プレー。チェルシー(イングランド)での1年を挟んで2008年にブレーメンに戻り、2012年からは再びバイエルンでプレーした。2015年からは三たびブレーメンのユニフォームに袖を通し、昨夏に活躍の場を求めてケルンへ加入。39歳となった今も得点力が健在であることを証明した。

- © imago / mika
- © gettyimages / Martin Rose/Bongarts