Summary

  • ドルトムントで3シーズン目を迎える守護神ビュルキ
  • 主力選手が軒並みクラブに残留したことを歓迎
  • 「バイエルンとの差を詰めていきたい」と王者の独走阻止を見据える

ドルトムントのGKロマン・ビュルキがチーム合宿を行うバート・ラガツ(スイス)で取材に応じ、新監督を迎えたチームの状況や最大のライバルについて語った。

――昨夏は開幕前に主力3選手がチームを離れました(マッツ・フメルス、イルカイ・ギュンドアン、ヘンリク・ムヒタリアンが退団)。今夏はそうしたことがありませんでしたが、新監督を迎えたチームにとって大きかったのでは?

ビュルキ 新しいシステムのサッカーを始めたばかりなので、主力メンバーがみんな残留したのは大きいと思う。加入した選手たちもチームに溶け込み、全く問題はない。長く一緒にやっていればお互いに意見も言いやすいし、これは大事なことだね。

――ドルトムントが主力をキープした一方で、バイエルン・ミュンヘンはフィリップ・ラームとシャビ・アロンソを失いました。これによって、バイエルンとの差はどれくらい縮まりそうですか?

ビュルキ バイエルンとの差を幾分か埋められるようにとは思っている。まずは8月5日のスーパーカップで実際にどれくらいの差があるか分かるはずだ。バイエルンに迫りたいね。

――昨季は無駄な失点や下位チーム相手の取りこぼしも少なくありませんでした。つまり、安定感の欠如が最大のウィークポイントでしたが、コンスタントに戦うためには何が必要でしょう?

ビュルキ 僕らは安定した戦いができるよう懸命に練習している。負傷者を出さず、それぞれが監督の意図を理解してプレーすれば、試合でコンスタントなプレーができるはずだ。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann

――ドルトムントで3シーズン目を迎えますが、ここまでは常にパフォーマンスを向上させてきました。さらにレベルアップするために、今季はどこに重点を置いて練習をしていますか?

ビュルキ 加入当初に何より難しかったのは「欲張りすぎないこと」だった。ドルトムントに来た時は自分ができるすべてを出したいと思っていたけど、簡単なプレーで集中力を欠いてしまうことも多かった。その中で、GKとしてのあらゆるプレーをもっと落ち着いてこなし、安定感を発揮することでチームを助けていくことを学んだ。もちろん、リスクを取る場面はあるけど、それは監督も望んでいることだ。新しいシーズンも楽しみにしているよ。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Johannes Simon