Summary

  • バイエルンのビダルが負傷離脱
  • 15日のトレーニングで右膝を負傷
  • 今シーズン中の復帰は絶望的

バイエルン・ミュンヘンのアルトゥーロ・ビダルは4月16日、アウクスブルクの病院で右ひざを手術した。これにより同選手の今季中の復帰は絶望的と見られている。

欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦のセビージャ戦でひざを負傷し、トレーニングを再開したばかりだったビダルは、15日の練習で右ひざを再度痛めていた。

バイエルンの発表によれば、手術は無事に終了。しかし今シーズン残りの試合でピッチに立つことは難しいという。