8月18日のブンデスリーガ開幕を前にバイエルンやドルトムントで監督を務めたヒッツフェルト氏が新シーズンの展望を語っている - © © gettyimages
8月18日のブンデスリーガ開幕を前にバイエルンやドルトムントで監督を務めたヒッツフェルト氏が新シーズンの展望を語っている - © © gettyimages
ブンデスリーガ

ヒッツフェルト氏が語る2017/18シーズン展望

2017/18シーズンのブンデスリーガは8月18日、現在5連覇中のバイエルン・ミュンヘン対レーバークーゼンの一戦で開幕の時を迎える。そこで当サイト独語版は、ドルトムントやバイエルンで監督を務めた経験を持つオットマー・ヒッツフェルト氏との独占インタビューを行い、来たるシーズンについて語ってもらった。

――果たしてバイエルンを脅かすクラブは現れるのでしょうか?

ヒッツフェルト氏 バイエルンとその他クラブの間にある差は、これまでと同じようにとてつもなく大きいです。フィリップ・ラームやシャビ・アロンソが抜けても、バイエルンのチーム力は昨季とほとんど変わりません。ヨシュア・キミッヒや新加入コランタン・トリッソがその穴をしっかりと埋めるでしょう。ですから、バイエルンが大きくリードしていると、私は見ています。

――では、バイエルンを追う立場として最も有力なのは、どのクラブになりますか?

ヒッツフェルト氏 ドルトムントは昨季と比べ良いチームになっていると思います。しかし昨シーズンのドルトムントはバイエルンより18ポイントも少なかったですし、私個人の意見ですが、このポイント差を半分に減らすことができれば、ドルトムントにとっては成功と言えるのではないでしょうか。もっと緊張感があるほうがブンデスリーガにとっては良いのでしょうが、以前と変わらずバイエルンが最も強いチームですよ。

- © gettyimages / Johannes Simon
- © imago