Summary

  • ドルトムントFWバチュアイの独占インタビュー
  • 1月の加入以来、公式戦10試合で7得点を記録
  • 目標は来季CL出場権確保

1月にチェルシー(イングランド)からの期限付き移籍でドルトムントにやって来たミシー・バチュアイが、公式戦10試合で7得点と大暴れしている。お気に入りの『スポンジ・ボブ』と同じカラーのクラブで、これ以上ないほどの素晴らしいスタートを切ることに成功したストライカーに、ドルトムントやブンデスリーガのこと、そしてゴールパフォーマンスについて聞いた。

ドルトムントでの最初の1カ月について

バチュアイ あっと言う間の1カ月だった。サッカーに関して言えば、素晴らしいことがたくさん起きたね。最高だった。この調子で続けていければと思う。

この素晴らしいスタートを今後も維持できるか?

バチュアイ 難しくなるだろうね。でも、チームとして試合に勝てていることがうれしい。自分もいいパフォーマンスを出せているし、冷静にやれていると思う。唯一、悪かったのは(第24節の)アウクスブルク戦だ。試合結果には全員が失望していた。サッカーの面でも天気の面でも両方で厳しい試合だった。ものすごく寒かったからね。でも、言い訳にはならない。もっといいプレーをすべきだった。

ドルトムントに対する印象について

バチュアイ ずっといい印象を持っている。素晴らしいクラブだ。これからシーズン終了までに何か大きなことができると思う。リーグ戦は2位で終われるよう全力でやる。来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できると信じているよ。

自身がチームにもたらしたものは?

バチュアイ 僕はテクニックのある選手だと思う。同時にファイターでもあるし、空中戦で勝つことも多い。僕は明らかにアタッカーだね。つまり得点する選手だ。言うまでもないけど、目的を達成するために全力で貢献するし、チームを助けるつもりだ。

ドルトムントのプレースタイルについて

バチュアイ 僕にとっては新しいものだった。速いカウンター攻撃をするし、前へ行く思考が強いサッカーだ。それでいてフィジカルもあるし、知的でもある。こういうサッカーのファンだよ。素晴らしいと思うし、ここに移籍できて良かった。

© imago

マリオ・ゲッツェ、マーコ・ロイス、アンドレ・シュアレとともにドルトムントの新しい「ファンタスティック・フォー」だと称賛されていることについて

バチュアイ それについてはネットで見たけど、面白いと思った。誰にとってもいいことだよね。ドルトムントのサポーターは心から喜んでいるし、僕たちも満足している。一生懸命に仕事を続けたいと強く願っているし、こういう話は継続していいプレーをするためのモチベーションにもなる。誰もが満足していれば、働く環境も良くなる。長く続くといいね。

ブンデスリーガの印象について

バチュアイ すごいよ! 世界で最高のリーグだ。フィジカルへの要求が高い。素晴らしいスタジアムも多い。それは以前から知っていたことだけどね。何より選手が素晴らしい。全体として素晴らしいリーグだと思う。

ブンデスリーガの各チームのプレースタイルについて

バチュアイ チームによって違う。より守備的なチームもあれば、攻撃的なチームもある。でも非常に素晴らしいリーグだ。

ジグナル・イドゥナ・パークを初めて見た時の印象とデビュー戦について

バチュアイ 初めてスタジアムに着いた時は、インタビューが入っていたので急いでいたんだ。でも、スタジアムを見て圧倒された。昼間だったにもかかわらずね。インタビューに集中できなかったよ。スタジアムを見ようと振り返ってばかりいた。デビュー戦はとにかく最高だった。鳥肌が立ったね。

© imago

ドルトムントで初ゴールを決めた時、ピエールエメリック・オバメヤンのようにバク転をしたのはなぜ?

バチュアイ あれは僕のスタイルなんだ。以前からバク転でゴールを祝っていた。ドルトムントのサポーターはバク転が好きみたいだから、ゴールを決めたらやろうと決めていた。半分はサポーターのため、残り半分は自分のためでもある。

他にとっておきのゴールパフォーマンスはあるか?

バチュアイ 他にもお決まりのパフォーマンスはあるよ。得点したら自然に出てくるものだ。思いつきでね。

アウクスブルク戦で髪に入れていたブロンドのハイライトについて

バチュアイ 意味があるような、ないような…。前にもブロンドでハイライトを入れたことがあった。クラブの色に合わせたんだよ。黄色と黒のね。ところが、アウクスブルク戦は酷い試合になったから色は完全に取ってしまった。黒一色に戻したよ。

© imago