Summary

  • 第33節でマインツのブンデスリーガ残留が確定
  • 先制点を決めたのはデビュー2戦目のバク
  • 試合後のインタビューで残留の喜びと最終節への意気込みを語る

マインツが第33節のドルトムント戦に勝利し、最終節を残してブンデスリーガ残留を決めた。この試合で貴重な先制点を挙げたのが前節にデビュー戦ゴールを挙げたばかりのリドレ・バクだ。2試合でクラブの救世主なった20歳の新鋭が試合後に語ったインタビューをお届けする。

――デビューを飾ったのは前節のライプツィヒ戦でした。前節と同様にこの試合も緊張していましたか?

バク もちろん。8万人の前でプレーするなんて初めてだったし、少しナーバスになっていたよ。けれど、うまく対応できたと思う。キックオフ直後は先週ほど緊張しなかったし、パスミスもそれほどなかった(笑)。ブンデスリーガでは些細なミスが致命傷になってしまう。

――マインツにとっては完璧な試合でした。

バク とてもいい形で試合に入ることができた。立ち上がりに2ゴールが決まったからね。1点を返されてからはしばらく押されたけど、その後は必死に耐えて勝つことができた。運があったのも事実だけれどね。

――どの辺から「連勝できる」と思いましたか?

バク 2ー0としたところで確信していたかな。しっかり守れていたし、2点リードした後は相手にボールを持ち込まれないようにすることに集中できた。攻める方はカウンターを考えてね。1点差に追いつかれて危なくなったけど、逃げ切れると信じていた。

© imago / Jan Huebner

――勝利への第一歩はあなたのゴールでした。決まった瞬間はどんな気分でしたか?

バク 言葉では表せない。まずは落ち着いてこの2週間で起きたことを整理しないとね。サッカーの世界は本当にあっという間に物事が進んでいく。どちらのゴールがうれしかったかというのは言えないし、どちらもものすごくうれしかった。ただ、もちろん1番は残留が決まったこと。それがチームの目標だったからね。

――(先制点の場面で)ジャンフィリップ・グバミンがヒールでつないでくるのは予測していましたか?

バク 一緒にゴール前に詰めながらパスが来たらとは思っていた。ただ、自分の足元にボールが来たのはツキもあったかな。入ってくれと思いながらシュートを撃って、それが決まった時は本当にうれしかった。

――ブレーメンをホームに迎える最終戦はプレッシャーなく戦えますね。

バク 最後にホームでいい試合を見せて、ファンのためにもう一度勝ち点3を取りたい。それができたら気分良くバカンスに入れる。

――3戦連発を狙いますか?

バク もしそうなったら信じられないね! 難しいけれど何が起きるか分からないよ!

© imago