Summary

・欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第6戦

・バイエルン対アトレティコ・マドリード

・レバンドフスキのFK弾でバイエルンが1ー0白星

12月6日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第6戦が行われ、バイエルン・ミュンヘンは本拠地でアトレティコ・マドリード(スペイン)と対戦し、1ー0で勝利した。

バイエルン 1ー0 アトレティコ

すでにグループリーグ突破を決めている両クラブの対戦。バイエルンはラームやミュラー、リベリー、キミッヒなどをベンチに温存してのスタートとなった。

最初のチャンスは開始53秒に訪れる。バイエルンが右CKを獲得すると、ペナルティーエリア外で待っていたコスタがこぼれ球をミドルシュート。しかしこれを抑えることができず、ボールはクロスバーの上を越えてしまった。

堅い守りからのカウンター攻撃に活路を見出すアトレティコも9分、手数をかけずに前線へ運ぶと、グリーズマンのスルーパスからカラスコがゴール左に抜け出す。しかし左足トゥーキックで放たれたボールは、ノイアーが素晴らしい反応で防いだ。

アトレティコはさらに16分、ヘルナンデスが上げた左からのセンタリングに、ゴール至近距離でカラスコが合わせたが、これもバイエルン守護神が両手でがっちりとキャッチしている。

© imago / Nordphoto

試合が動いたのは28分、ベルナートが倒され、やや左の位置でFKを獲得すると、レバンドフスキが直接ネットに突き刺しバイエルンが先制。レバンドフスキはブンデスリーガ第13節マインツ戦に続き、公式戦2試合連続での直接FK弾となった。

1点をリードして迎えた後半も、ボールを保持するのはバイエルン。しかしアトレティコもゴール前のスペースを与えず、60分にはコレアとガメイロの2人を同時に投入し、その8分後にもパーティーをピッチに送りだすなど、流れを引き戻そうという試みが見られた。

バイエルンにビッグチャンスが訪れたのは77分、ペナルティーエリア左からコスタが低めのセンタリングを入れると、ゴール正面5mのティアゴがフリーとなる。しかしボールのバウンドに左足をうまく合わせられず、放たれたシュートはなんとクロスバーの上。バイエルンは追加点の絶好機を逃してしまった。

その後、両者ともにネットを揺らすことができず、バイエルンが1ー0で勝利。9月28日、敵地で負けたアトレティコに対し、ホームで雪辱を果たした。

【得点】

バイエルン:レバンドフスキ(28分)
アトレティコ:なし

【ラインナップ】

バイエルン(4ー3ー3)
ノイアー;ラフィーニャ、フメルス、アラバ、ベルナート;ティアゴ、ビダル、サンチェス;ロッベン(83分 キミッヒ)、レバンドフスキ(80分 ミュラー)、コスタ(87分 マルティネス)

アトレティコ(4ー4ー2)
オブラク;ブルサリコ、ゴディン、サビッチ、ヘルナンデス;ニゲス、ガビ、コケ(68分 パーティー)、ガイタン(60分 ガメイロ);グリーズマン、カラスコ(60分 コレア)