Summary

・バイエルン最終ラインのキーマン、マルティネスの独占インタビュー

・ブンデスリーガ在籍4年半、190cmを超す守備のユーティリティプレーヤー

前節、内田篤人が所属するシャルケを本拠地に迎えたバイエルン・ミュンヘンは、1ー1の引き分けに終わり、2位ライプツィヒとの勝ち点差を1つ広げることに成功した。そんな中、当サイト独語版は、ドイツへやって来て4年半が経過し、今季リーグ戦16試合に出場しているバイエルン所属ハビエル・マルティネスとの独占インタビューを行っている。


――外国籍選手としてブンデスリーガでプレーするようになり、このリーグをよく知っているあなたに質問です。ブンデスリーガは国際的に見ると、どのように映るのでしょうか?

マルティネス 非常にポジティブなものです。私が在籍するバイエルンに限った話ではなく、ブンデスリーガそのものが世界でも非常に高く認知されています。成長のスピードも速く、どんどんレベルが上がっています。観客のことも含めれば、今やブンデスリーガこそ世界でベストなリーグなのかもしれません。少なくとも、ここまでファンの熱が高いリーグは、この国以外に存在しませんよ。

――ブンデスリーガのポテンシャルについて、どうお考えですか?

マルティネス もちろんやるべきことは多いと思いますが、これから世界的プレーヤーがもっとブンデスリーガにやってくるはずです。欧州のトップリーグの競争はさらにし烈なものとなるでしょう。もちろん現時点でもブンデスリーガは、トップ3のうちの1つに数えられます。

© imago

――トップ3とは、どのリーグですか?

マルティネス スペイン、イングランド、そしてドイツです。ブンデスリーガでは、すべてのチームが非常によくオーガナイズされていますし、どのチームが相手でも倒すのが非常に困難です。毎試合が大きな挑戦ですし、そういった背景があるから、より面白いリーグになるのだと思います。

――さて、バイエルンに話を移しましょう。今季ジョゼップ・グアルディオラ監督からカルロ・アンチェロッティ監督に替わりましたね。巷では「バイエルンは前のように試合を支配することができなくなった」と言われていますが・・・。

マルティネス まだ我々は、自分たちのトップレベルに到達できていないのかもしれません。しかしこのチームのポテンシャルは巨大です。例え試合結果が僅差であろうと、我々は優勝できるということを、チームの全員が分かっています。

――あなたは非常に信頼のおける選手、ほとんどミスをしない選手という評価を得ています。しかし“スター”と呼ばれる選手は攻撃的なポジション、例えばフランク・リベリであったり、アリエン・ロッベンであったりしますが・・・。

マルティネス 私は新聞側の人間ではありませんからね。私はサッカーをしていますし、チームスポーツを愛しています。私にとって最高なのは・・・

――なんでしょうか?

マルティネス 私にとって最高なのは、毎試合勝ち点3を獲得することです。それこそ、私にとって最も重要なことなのです。すべてのポジションの人間が一体となれるよう挑戦する、それが私にとってのチームスポーツの醍醐味ですね。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

――ところであなたはバスケットボールが非常にうまいそうですね。バスケのプロ選手になることは考えなかったのですか?

マルティネス ははは(笑) 確かに私にもサッカーかバスケ、どちらかを選ばなければならないことが過去にありました。サッカーをやっていて良かったです。ユース時代に地元のタイトルをいくつか獲得しましたし、17歳でビルバオ(スペイン)に入団することもできました。バスケは今、私の趣味の1つですよ。

――バスケであなたが最も活きるポジションはどこでしょうか?

マルティネス 190cmの身長では、ゴールの下にずっと陣取ることはできませんね(笑) きっとポイントガードくらいしかできないでしょう。

――プライベートでのハビエル・マルティネスはあまり知られていません。普段は何をされていますか?

マルティネス プライベートのことを話すのはあまり好きではありませんからね。かと言って、別に大きな秘密があるわけでもありませんよ。普通の28歳と同じ生活ではないでしょうか。家族、友人と過ごす感じです。先日、私は父親になりましたし、息子のルカと多くの時間を過ごしています。

――長い間、ひざの負傷で苦しんでいましたが、今の状態はどうですか?

マルティネス 非常に良好です。シーズン15試合しかプレーできないような時もありましたが、医療チームやドクターのおかげで大きな負荷にも耐えられるような体になりました。

――最後にもう1つプライベートな質問です。最も好きなバスケチームはどこですか?

マルティネス 良い質問ですね(笑) もちろんバイエルンのバスケット部門ですよ! NBAではシカゴ・ブルズが一番好きですね。