バイエルンに所属するティアゴはボールタッチ数、パス本数ともに今季リーグ最多の数字を叩き出した - © gettyimages / Lennart Preiss/Bongarts
バイエルンに所属するティアゴはボールタッチ数、パス本数ともに今季リーグ最多の数字を叩き出した - © gettyimages / Lennart Preiss/Bongarts
ブンデスリーガ

ティアゴ、ピッチ上の“魔術師”

一度ボールを持てば、魔法のような球さばきを見せる――バイエルン・ミュンヘンに所属するティアゴは、文字通りピッチ上の“魔術師”であり、チームに攻撃のスイッチを入れるグラウンドの“指揮者”でもある。この4月に26歳となった男は、これから迎えるキャリア全盛期をドイツ最大のクラブで過ごしていく。

元ブラジル代表で、1994年のワールドカップ・米国大会優勝を勝ち取った父を持つティアゴは、名門バルセロナ(スペイン)で技術を磨き、そしてプロデビューを果たした。しかし、バルセロナからバイエルンという世界に名だたるビッグクラブを渡り歩き、新天地ドイツで毎年タイトルを獲得しようとも、ジャーナリストの質問へ真摯に応じ、自身への満足を語らないなど、謙虚な姿勢を貫き続けている。

- © gettyimages / 682613324
- © gettyimages / Johannes Simon