Summary

  • バイエルンのティアゴが数カ月の離脱
  • CLアンデルレヒト戦で負傷交代、太もも重傷の可能性
  • 同じく負傷交代したロッベンは軽傷

バイエルン・ミュンヘンは11月23日、スペイン代表のMFティアゴ・アルカンタラが長期間の離脱を強いられることを発表した。

バイエルンは22日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節のアンデルレヒト(ベルギー)戦に先発したが、44分に負傷交代していた。試合後、ユップ・ハインケス監督は「大腿筋を負傷していることは間違いないだろう」と明かしている。

一方、同じくこの試合で48分に負傷交代したアリエン・ロッベンについては、軽傷とのこと。