バイエルンを三冠に導いた名監督ハインケス氏が5シーズンぶりに監督復帰 - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
バイエルンを三冠に導いた名監督ハインケス氏が5シーズンぶりに監督復帰 - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

バイエルン監督に名将ハインケス氏が電撃復帰!

バイエルン・ミュンヘンは10月6日、ユップ・ハインケス氏(72)の監督就任を発表した。契約期間は今季終了まで。同クラブは9月28日にカルロ・アンチェロッティ監督を解任していた。

ハインケス氏はメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)とハノーファーでブンデスリーガ369試合に出場、220得点(歴代3位)を挙げた往年の名選手で、ボルシアMG時代にはストライカーとしてチームの3連覇に貢献した。1973/74、1974/75シーズンには2年連続で得点王に輝いている。

監督としてはボルシアMGやバイエルン、シャルケレーバークーゼンなど国内外8つのクラブを指揮し、10のタイトルを獲得。バイエルンとレアル・マドリード(スペイン)では欧州チャンピオンズリーグ(CL)で優勝を果たした。異なるクラブでCLを制した監督としては、オットマール・ヒッツフェルト氏、ジョゼ・モウリーニョ氏に続いて史上3人目。

2012/13シーズンにはバイエルンをドイツ史上初のブンデスリーガ、ドイツサッカー連盟カップ、CLの3冠に導いた。このシーズン終了後、当時68歳だったハインケス氏は監督を退任。事実上の引退宣言ともとれる発言をしていたが、5シーズンぶりの復帰となる。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Thomas Niedermueller

【2015年に70歳の誕生日を迎えた際のお祝い動画】