2季連続得点王を目指すレバンドフスキはフランクフルト戦でも2ゴールを決めている - © gettyimages
2季連続得点王を目指すレバンドフスキはフランクフルト戦でも2ゴールを決めている - © gettyimages
ブンデスリーガ

レバンドフスキ、フランクフルト戦後インタビュー

2016/17シーズンのブンデスリーガ得点王争いが、し烈を極めている。ブンデスリーガ第24節2日目が終了した時点で、同タイトルレース首位は22ゴールのドルトムント所属ピエールエメリック・オバメヤン。同選手より1ゴール少なく、2位につけているのが、バイエルン・ミュンヘン所属ロベルト・レバンドフスキだ。

3月11日、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトから2得点を奪い、2季連続得点王を目指しているレバンドフスキが、試合後のインタビューに応じてくれた。

――今日の試合でも2ゴールを決めましたね。しかしオバメヤンもヘルタ・ベルリン戦で1ゴールを決めたので、得点王争いは2位のままとなってしまいました。

レバンドフスキ 自分がゴールを決め、そして勝利することができれば、いつだってうれしいものですし、首位にいることこそが我々にとって一番大事なことです。個人のことはさほど重要ではありません。チームのことが最優先です。オバメヤンより少ないか、それとも少なくないか、という得点王のことについて私はそんなに考えていませんよ。また次の試合も勝利を飾りたいですね。

- © gettyimages