Summary

  • バイエルンのハインケス監督、第23節ウォルフスブルク戦に向けた会見に出席
  • 11月下旬から離脱していたティアゴについてコメント

バイエルン・ミュンヘンは2月16日、翌日に開催されるブンデスリーガ第23節2日目ウォルフスブルク戦に向けた会見を行い、ユップ・ハインケス監督がこれに出席した。

その中でハインケス監督は「ティアゴは通常通りチームトレーニングに参加しています。告知したように、ウォルフスブルクではスタートからプレーすることになるでしょう」と話し、約3カ月ぶりとなる同選手の公式戦出場を示唆。また「マヌエル・ノイアー以外のすべての選手が出場可能です」とも語っており、勝利に向けて十分な人員が確保できていることを明かした。

そして対戦相手については「ダニエル・ディダビ、マクシミリアン・アーノルド、ユヌス・マリなど本当に素晴らしい選手がいます。非常に高いモチベーションで試合に臨んでくると考えなければなりません」とコメントし、強い警戒心を示している。