バイエルンはドルトムントとの「デア・クラシカー」に2ー3で敗れた - © gettyimages / Alex Grimm/Bongarts
バイエルンはドルトムントとの「デア・クラシカー」に2ー3で敗れた - © gettyimages / Alex Grimm/Bongarts
ブンデスリーガ

バイエルン守護神ノイアー「カウンターのチャンスを与えてしまった」

ブンデスリーガ第11節2日目が11月10日に行われ、バイエルン・ミュンヘンは香川真司が所属するドルトムントとの「デア・クラシカー」に臨み、2ー3で敗れた。宿敵との対戦で苦杯をなめたバイエルン守護神マヌエル・ノイアーが、90分間の戦いを終えてインタビューに応じている。 ※「デア・クラシカー」のマッチレポはこちら ※ドルトムント所属マヌエル・アカンジの「デア・クラシカー」終了後インタビューはこちら

――試合はスペクタクルなものでしたが、勝ち点を得ることはできませんでした。どのように総括しますか?

ノイアー もちろんこの結果に失望しています。前半は非常に良い内容でした。しかし後半はドルトムントも勢いを増し、素早い切り替えから一気に4~5人が前へ出てくるサッカーをしてきました。彼らのサッカーが非常に素晴らしいものであることを、彼らはこのバイエルン戦で証明しました。

――ドルトムントはかなり多くのチャンスを作っていました。

ノイアー 彼らの得点は3でしたが、実際にはそれ以上の数のビッグチャンスを作り出しました。例えばヤコブ・ブルーンラルセンの横パスがもっと強ければ、またはマルコ・ロイスのシュートがもっと良ければ、前半のうちにドルトムントにいくつかゴールが生まれていたでしょう。全体的に前半は我々が試合をコントロールしていましたが、後半は時々ミスも起こるようになり、ドルトムントにカウンターのチャンスを与えてしまいました。

- © gettyimages / Alex Grimm

――第10節フライブルク戦も、バイエルンが先制しながら結局勝利を逃してしまいました。

ノイアー 今日の試合と単純に比較することはできませんね。今日の試合で我々にとって難しかったのは、相手のカウンターを抑えることでしたから。

――バイエルンが「走ること」に問題を抱えているのかもしれません。

ノイアー ドルトムントは選手交代でさらにテンポを上げてきましたね。彼らは我々にとって非常に厄介な存在となる足の速い選手を、うまく使ってきたと思います。